特集

2018/4/23(月)

マルケト × SATORI 特別対談
「MAツールベンダーが見据えるマーケティングの課題と未来。そこにMAが果たす役割とは」

株式会社マルケト バイスプレジデント マーケティング本部長 小関 貴志 氏
SATORI株式会社 代表取締役 植山 浩介 氏

ファシリテーター:株式会社エムエム総研 河村 芳行

読了時間 読了時間:5分

大手企業や先進企業を中心に導入が進むマーケティングオートメーション(以下MA)ツール。すでにMAを活用し、大きな成果を挙げる国内企業も現れています。そこで今回は、MAツールベンダーである株式会社マルケトの小関貴志氏 と SATORI株式会社の植山浩介氏をお招きし、MAを効果的に活用するためのポイントや注意すべきこと、今後の展望などについて語っていただきました。

>> マーケティングオートメーションとは?

小関氏、植山氏、河村 並んで撮影 左から、SATORI 植山氏、エムエム総研 河村、マルケト 小関氏

Marketoとは? 世界39か国、6,000社以上の実績を持ち、2014年に日本市場へ参入し、国内のマーケティングオートメーション市場を牽引してきました。
日本でも多くの導入実績を持ち、アカウントベースドマーケティングやデジタル広告からレポーティングまで、マーケティングに必要な機能拡張を継続的に行いプラットフォームサービスとしての存在感を高めています。

SATORIとは? 日本発のマーケティングオートメーションツールとして、顧客のマーケティング担当者に寄り添う各種サポートサービスを提供しながら、日本固有課題である個人情報を獲得する障壁を解決すべくWebに来訪される匿名顧客に焦点を当てた「アンノウンマーケティング」を特徴として250社以上の企業に採用されています。

MAツールを導入する企業の特徴

河村 MAツールベンダーとして活躍されているMarketoとSATORIですが、それぞれどういった企業に導入されているのでしょうか。ユーザーに共通する特徴は何かありますか?

小関氏 近影

小関貴志 氏(以下 小関) Marketoは幅広い業種や規模のお客様に導入されています。共通する特徴としては、顧客とのエンゲージメントを強く意識されているということ。単発的な取り組みではなく、最初の流入からロイヤル化まで、中長期にわたり顧客との関係を築いていく必要のある企業で導入を検討されるケースが多いですね。

植山浩介 氏(以下 植山) SATORIのお客様は、マーケティングといってもセールス&マーケティングに近くて、広報・PRというよりは売り上げを伸ばしたいお客様がほとんどです。そもそもマーケティング部門が存在しないケースも多く、SATORI導入企業様の平均でいうとマーケティング担当者の数が0.7人です。ゼロから始めるお客様も多いため、SATORIは「担当者1人の力で企業のマーケティングを動かそう」という世界を目指しています。

小関 Marketoの導入企業の傾向としては、すでに様々なテクノロジーを活用したマーケティング施策を行っていて、更にお客様との関係性を深めたマーケティングに取り組みたいという企業もあれば、新たにマーケティングを強化したいという企業もいらっしゃいますね。目指すゴールは、新規顧客の獲得、既存顧客のLTV向上、それらを通じたマーケティングROIの最大化です。

あわせて読まれている記事

MEMBER会員登録

会員登録していただいた方は、マーキャリのすべての機能をご利用いただけます!

CONTACTお問い合わせ

インタビューを掲載したいマーケター募集中!
サービス案内、セミナー情報、求人情報を無償掲載中!
まずはお気軽にお問合せください。