記事

キャリア・スキル形成

2018/2/1 (木)

見た目で不利にならないための、メンズスキンケア講座

男性肌の特徴と、スキンケアの必要性

男性のみなさま、「スキンケアなんて女性のみが行うもので、自分には関係がない!」と思われてはいませんか?
ビジネスの場において自身の見た目を磨いていくことはとても重要です。例えば、あなたが大事な商談に同席させる部下を選ぶ際、油っぽくテカテカした肌の部下と、清潔感のある整った肌の部下がいたとして、能力が同等であれば、後者を選ぶのではないでしょうか。
ビジネスシーンでは、見た目の第一印象のみで「この人はだらしないのかも?」というレッテルを貼られてしまうことにもなりかねません!
相手に良い印象を与えて外見で損をしないようにするためにも、清潔感のある肌を保つことは非常に重要といえるでしょう。
そこで今回は、誰でも気軽に取り入れられる、男性向けのスキンケアの基本をご紹介いたします!

男性は女性に比べると、皮脂量が約2~3倍も多く、水分量は40~50%ほど少ないと言われています。油分が多いため乾燥自体は感じにくいものの、実は水分が不足していたり、皮脂の分泌からニキビができやすかったり、毛穴の開きが目立ちやすかったりするのです。
また男性の場合は頻繁にシェービングを行うため、シェーバーの刺激によりフェイスラインや口元が乾燥したり、肌を傷つけてしまったりすることもあります。
さらに、女性に比べると日焼け止めを塗る習慣が圧倒的に少ないため、紫外線によるダメージを大きく受けています。
スキンケアの習慣を取り入れることは、肌を清潔に健やかに保つ上で、男性にこそ欠かせないのです。

 

ビジネスマンなら習慣化すべき、男性スキンケアの3つの基本

スキンケアの重要性を知ったところで、習慣化してほしい3つのスキンケアの基本をご紹介します。

  1. 1,洗顔

洗顔をする際は、必ず清潔な手で行うことを心掛けましょう。
手の平に洗顔料を取り、しっかりと泡立ててから顔全体を洗います。
このとき、汚れを落とすことと同じくらい重要なのが、丁寧にすすぎを行うことです。肌の上に洗顔料を残してしまうと、ニキビの原因を自ら作ることに。最低でも20回~30回ほど、顔の凹凸に手の平を沿わせながら洗い流しましょう。
また、朝は汚れていないように思えるかもしれませんが、寝ている間にも肌に汚れはついていきます。特に男性の場合は皮脂の分泌が多いため、朝晩洗顔することをおすすめします。

  1. 2,保湿

    肌トラブルを予防するために非常に重要なのが保湿です。肌が乾燥していると、しわやシミができやすくなったり、乾燥によるニキビができたり、くすみの原因になったりするのです。洗顔後はすみやかにスキンケアを行い、水分と油分を補給してあげましょう。

    ・朝の保湿
    朝はシェービングをしてから出社するという方が多いでしょう。シェービング後の肌は敏感になりがちで乾燥しやすいため、特に保湿をたっぷりとしてあげてください。手のひらに500円玉程度の化粧水を取り、顔全体になじませることを繰り返します。時間のあるときは化粧水を5回以上付け足すことがおすすめです。そのあと、乳液やクリームを顔全体に薄く塗って蓋をします。おでこから鼻筋にかけて、顔の中心部分は皮脂線が多いために皮脂が出やすいので、日中テカテカにならないよう、控えめに乗せましょう。

    ・夜の保湿
    朝と同様に洗顔を行い、化粧水をたっぷりと使って保湿します。その後、乳液またはクリームを500円玉程度の大きさに取り、肌全体に重ねて蓋をします。

仕事で忙しい時期や夜遅くに帰宅したときには、スキンケアに時間をかけられないということもあるかもしれません。そんなときのために、化粧水と乳液が1つになったオールインワンタイプを用意しておくこともおすすめです。

3,紫外線対策

紫外線対策と聞くと、「ただ単に色白でいたい」という理由で日焼け止めを塗っているように感じるかもしれません。
けれど、紫外線はただ肌を黒くするだけではなく、肌の老化にも大きく影響します。シミやそばかすの原因となるのはもちろんのこと、肌のたるみやシワの大きな原因にもなりえます。
最近では男性専用の日焼け止めがドラッグストアでも販売されているほど、日焼け止めを塗る男性が少しずつ増えてきています。
肌のことを考えると毎日塗るのがベストですが、まずは長時間の外出時や、海などのレジャーに行くときだけでも少しずつ紫外線対策を取り入れていくと良いでしょう。

 

 男性がやりがちな、NGスキンケア方法

続いて、男性が無意識のうちについやりがちな「肌に良くない癖」を見ていきます。いつもの自分を振り返って、NG行動を取っていないか確認してみましょう。
 
・洗顔時のゴシゴシ洗い!
顔の皮膚は薄いため、必要以上にゴシゴシと洗ってしまうと乾燥、しわ、色素沈着につながります。
「ゴシゴシ洗わないと汚れが落ちている気がしない!」と思いきや、実は逆効果。洗顔をする際は、手と顔の摩擦が起こらないよう、包み込むようにしながら洗顔しましょう。
 
・ニキビができたらすぐに潰してしまう
ニキビができると気になってつい触ったり、潰したりしてしまうこともあるでしょう。
一時的にはニキビがなくなったかのように見えますが、無理に潰してしまうと、炎症を起こしてより酷い肌荒れを招くこともあります。また潰したところが色素沈着を起こしてシミの原因にもなります。
素早く治したいときこそ慌てず、充分な睡眠を取ってバランスの良い食事を心がけましょう。
 
・肌に直接シェービングしてしまう
意外に多いNG行動が、肌を水で濡らしただけでシェービングをしてしまうこと。肌を傷つけないためにも、必ずシェービングクリームを利用しましょう。シェーバーもゆっくりと丁寧に使ってください。
 
・日焼け止めを塗らずに1日中レジャーしてしまう
炎天下の中、長時間レジャーを楽しめば当然ながら肌はじりじりと焼けます。下手をすれば火傷のように赤く腫れてしまうこともあります。これらがシミやしわの原因になることは前述のとおりです。
また、あまりも焼きすぎた肌は、ビジネスのシーンでは好もしいとは言えません。
長く健康な肌を保つためにも、第一印象のためにも、日焼け止めを愛用しましょう。

 

ドラッグストアで手軽に買える、男性スキンケア製品3選

最後に、ドラッグストアで購入できる、おすすめのスキンケア製品を3つご紹介いたします。

 
メンズオードムーゲ 薬用ローション(ふきとり化粧水)/小林製薬



 

50年以上も愛され続けるオートムーゲ製品の男性専用の化粧水です。ニキビや肌荒れ予防をしてくれます。ベタつかない使い心地で、初めての化粧水にもぴったりです。



 

メンズオードムーゲ ふきとり清浄シート/小林製薬

 

無添加フェイシャルソープ/シャボン玉石けん


肌に優しい無添加タイプ。ポンプを押すと泡立った状態で出てくるので、泡立てが面倒だという方にもおすすめです。
何から買ったら良いかわからない人は、まずは肌に低刺激の製品から試してみてはいかがでしょう。
 
今回は身近な場所で購入できる製品をご紹介しましたが、百貨店の化粧品売り場でもメンズ製品を扱っているブランドはたくさんあります。高価なものを試したい方はぜひ足を運んでみてくださいね。

 

 

まとめ

いかがでしたか?
スキンケアを習慣づけることが、肌の健やかな状態を保つ第一歩となります。
身だしなみを整え、ビジネスマンとして見た目で不利になることなく、仕事の実力をしっかりと見てもらえるように、さっそく今日から、取り組みましょう!

Related Post

TOPページに戻る記事一覧に戻る

MEMBER会員登録

会員登録していただいた方は、マーキャリのすべての機能をご利用いただけます!

CONTACTお問い合わせ

インタビューを掲載したいマーケター募集中!
サービス案内、セミナー情報、求人情報を無償掲載中!
まずはお気軽にお問合せください。