marketing career

マーケティングとキャリアをつなぐ総合情報メディア

はじめてでもわかる!マーケティングの手法とは?

スキル×マーケ 2019/03/12

マーケティングの仕事をしたいと考えている人は、マーケティングについて学んでいきたいと考えることが一般的な流れでしょう。
しかしマーケティングにもあらゆる手法があることをご存知でしょうか?マーケティングを学ぼうと思っても、どのような手法があるのかを理解していないと意味がありません。そこで今回は、マーケティングにはどのような種類の手法があるかについて説明していきます。
マーケティングに関わる仕事をしていきたいと考えている人は、必ず知っておくべき項目なのでぜひ参考にしてみてください。

マーケティングといっても様々な手法がある

マーケティングにも、様々な手法があります。マーケティングという単語だけだと、どのような意味に捉えますか?人によって「商品を知ってもらうための広告運用」や「顧客のリサーチ」、「商品を売っていくための戦略」など考え方が異なってくるでしょう。まずはマーケティングには、どのような手法があるのかを見ていきましょう。

マスマーケティング型

代表的なマーケティング手法の1つとして、「マスマーケティング型」というものがあります。具体的に説明すると、テレビ、雑誌、新聞などのマス(大多数の消費者)メディアを活用していくマーケティング手法となります。マス(大多数の消費者)を対象としており、商品のイメージを上げつつ、企業の認知や評判をあげていくことを目的としています。

マスマーケティングを利用している企業は、商品の宣伝や販売というよりブランドの価値をあげていくことに重点を置いていることでしょう。また相性として、マスマーケティングは日常的に購入するようなものに良く、小売店などスーパーで買えるものの相性がいいとされています。他にも住宅などの高単価なものでもマスマーケティングを用いているので、積極的に利用されているマーケティング術ともいえるでしょう。

ダイレクトマーケティング型

次に「ダイレクトマーケティング型」についてですが、シンプルにまとめると直接商品を買ってくれる消費者に、お店を通さずに商品を売買する方法になります。消費者に直接売り込むことになるので、ネット広告、ダイレクトメール、チラシなどがダイレクトマーケティングにあたります。例えば、テレビで通信販売の映像が流れていたとしましょう。

その時に販売する人は、商品の説明をしていき消費者に商品やサービスの良さを伝えていきます。そして商品の紹介映像を見ている消費者は、気に入ったものがあれば商品を購入し売買が成立します。通信販売だけでなく、ECサイトやネットフリックスなどの動画配信サービスも同じくダイレクトマーケティングを採用しています。どれだけの顧客が購入したかなどの、費用対効果が分かることも特徴の1つといえるでしょう。

インバウンドマーケティング型

最後に「インバウンドマーケティング型」についてです。インバウンドマーケティングとは、まず動画やブログ、ニュースなどにてコンテンツ紹介をしていきます。そこからSNSなどを使って情報を発信していき、見込み顧客を見つけつつユーザーに訪れてもらうように仕掛けていくマーケティング手法です。SNS検索やソーシャルメディアなどから集客をしていくので、見込み客との直接的なつながりを高めていくことが可能です。メルマガやステップメールにて情報を提供することもあるので、すぐに見込み客に情報を提示していくことができます。

マーケティングの分析手法



ではマーケティングにおける分析は、どのような方法で行っていけばいいのでしょうか。商品を売っていくためには、自社側の目線だけでなく、顧客側から見た客観的目線が重要になってきます。マーケティングの分析手法にも様々なものがあります。ここでは、マーケティングの分析手法について説明していきます。

戦略の課題を見つける分析

まず戦略の課題を見つける方法について説明していきます。方法は3つあり、「SWOT分析」「3C分析」「4C分析」と分かれています。

1)SWOT分析

現状の分析をしていきたい場合に使われるのが、SWOT分析です。自社の商品に対する
・「Strengths(強み)」
・「Weaknesses(弱み)」
・「Opportunity(機会)」
・「Thread(脅威)」

これらを理解することができます。また内側から見た目線と、外側から見た目線とで調査をしていくことができるので、戦略の課題を見つけていく際には効果的な手法といえるでしょう。

2)3C分析

3C分析とは、自社だけでなく競合や同じ市場がどうなっているかなどの調査をしたいときに有効的な手法です。3Cとは、
・「Customer(市場、顧客)」
・「Competitor(競合)」
・「Company(自社)」

を意味しています。自社のサービスを改めて見直したり、競合がどのような商品を扱ってどんな差があるかなどの差別化を図るのに役立ちます。戦略をしっかりと練りたい企業が使う傾向にあります。

3)4C分析

4C分析とは
・「Customer solution(顧客ソリューション)」
・「Customer cost(顧客コスト)」
・「Convenience(利便性)」
・「Communication(コミュニケーション)」

などの4つの要素からマーケティングを分析していく手法になります。顧客側の視点から考えるので、自社の商品について客観的目線で考えることができます。顧客視点でマーケティング手法を考えたいときに、一番使われる手法といえるでしょう。

戦略を考えるときの分析

次にマーケティングの戦略を考えたいときに用いられる、分析方法について説明していきます。

1)STP分析

STP分析とは、商品のサービス内容を提案していく際に用いられます。それぞれの英語の意味として、
・「Segmentation(市場細分化)」
・「Targeting(狙う市場の決定)」
・「Positioning(自社の立ち位置の明確化)」

という意味を持っています。他社との違いやどこに優位するべきポイントがあるのかなど、自社にとって有利となるポイントを探すときに使われる手法です。

2)4P分析

4P分析は売り上げをあげたいときや、顧客を多く獲得していきたい場合に使われるマーケティング手法となります。意味として、
・「Product(製品)」
・「Price(価格)」
・「Place(流通)」
・「Promotion(販売促進・プロモーション)」

という意味になります。

3)PEST分析

PEST分析は、日常的に流れてくるニュースなどの情報から、一番正しい戦略を選択していく手法になります。意味合いとして、
・「Politics(政治面)」
・「Economy(経済面)」
・「Society(社会・ライフスタイル面)」
・「Technology(技術面)」

これらを意味しています。4つの視点から見つつ、マクロ環境を分析していく際に使用されます。

最新のマーケティング手法をご紹介

ただ近年では、新しいマーケティング手法が次々と出てきていることをご存知でしょうか?企業も時代に乗り遅れまいと、最新の手法を実践しているほどです。そんな最新のマーケティング手法をここでは説明していきます。

インフルエンサー・マーケティング手法

SNSのモデルやタレントを見ていると、フォロワー数が多く一度投稿するだけで周りから支持されます。SNS上で人気のモデルやタレントなどをまとめて「インフルエンサー」といいますが、その人達が持っている影響力を利用していくマーケティング手法になります。まず自社の商品を、SNS上でインフルエンサーに紹介してもらいます。するとインフルエンサーの影響力もあり、良い反響が見込めるのです。さらにSNS上で拡散してもらうことで、多くのターゲットに広めていくことも可能でしょう。

グロースハック手法

グロースハック手法とは、製品やサービスに拡散の仕組みを入れる手法になります。従来のマーケティングを行いつつも、できるだけ長く使ってもらい、ユーザーの獲得を目指します。さらには友人を紹介したり収益化のフェーズを作ることで、ユーザーを飽きさせないという特徴もあります。instagramやTwitterやFacebookなどでも取り入れられており、今では有名なマーケティング手法といえるでしょう。

まとめ

マーケティングとは奥が深く、企業によって使っているマーケティング手法は異なってきます。マーケティングの仕事をしていきたいと考えるならば、マーケティングの手法や分析方法などを理解していくことが大切です。企業によっては取り入れている手法が異なってくるので、どんな手法を使っているかなどをご自身で一度調べてみてはいかがでしょうか。

  • 気になる
会員になってみんなのコメントを見よう!
まだ会員でない方はこちら

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

Related Articles関連記事

Intervieweeインタビューイー

Companyこの会社について

Special Contentsキャリアアップにつながる