marketing career

マーケティングとキャリアをつなぐ総合情報メディア

どの会社に転職するか迷ったら? 正しい転職先の決め方【前編】

キャリア×マーケ 2019/11/26

長期的に自分のキャリアを考えて転職を行う方が増えています。働き方改革が話題になり、自分の理想の働き方がどういったものかを見つめ直したといった方も多いのではないでしょうか。超高齢社会の日本においては、すでに人口の減少が始まっています。人口の減少はそのまま労働人口の減少に直結します。それは企業が成長を続けていく上で必要な人材の確保が今後はこれまで以上に困難になることを意味しています。逆に、転職を狙う人にとってはチャンスであるともいえるのが現代です。実際に、転職をする人は増加傾向にありますし、未経験の業界に飛び込む人も多いです。

いざ転職活動を始めていくと、転職先の決め方に迷ってしまう人も多いです。この記事では、転職活動をしている人に向けて、会社の決め方のポイントについてご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

優先順位をはっきりとさせる



転職をしようと考えるからには、さまざまな理由があることと思います。人間関係なのかもしれませんし、収入や条件の改善、自分の可能性を広げるキャリアップのためなど、人によって転職先の選び方の基準はバラバラです。転職すれば、すべてにおいて現職よりも良い環境になるとも限りません。そのため、自分のなかで譲れないものはなにか、をはっきりとおくことが転職活動をしていく上で最初のステップであり、失敗しないための最重要項目だと言えます。

生活をしていく上では、お金が必要ですから給与や年収の良さを第一とするのも全く問題ありません。日本人はお金を稼ごうとすることを良く思わない節がありますが、働くのは自分です。周りに左右されず、自分が働く上で何を大事にしたいかを見つめ直してみましょう。

譲れない条件を絞る

例えば給与や年収を優先すれば休みが少なくなることもあるでしょう。転職する上で優先させたいものは、小さなものでも挙げていけばきりがありません。すべてを満たす企業があればもちろんそれがよいのですが、簡単なことではありませんよね。そのため譲れない条件はある程度数を絞っていくのがおすすめです。いざ転職して新しい会社に入社しても、すべてがイメージ通りとはいかずギャップを感じる点も必ずあります。それでも自分が譲れない条件をクリアできていれば「転職してよかった」と思えるはずです。

譲れない条件を絞る方法としては、工夫次第でクリアできることから外していくという方法があります。たとえば帰りが遅くなることが多い職場で家族と過ごす時間が確保しづらいということであれば、会社の近くに引っ越せば大分変わってくるはずです。逆に言えば、今の職場に何かしら不満があるとしても、自分が工夫することでクリアできるのなら転職する必要はなくなるかもしれません。

(続きのページは以下をクリックしてご覧ください)




  • 気になる

Downloadダウンロード資料

マーケタースキル診断

マーケティングディスカバリー

Related Articles関連記事

Intervieweeインタビューイー

Companyこの会社について


「いいね!」してマーキャリの最新情報をチェック!

>>マーキャリのRSSを購読はこちら<<