marketing career

マーケティングとキャリアをつなぐ総合情報メディア

マーケティングってどんな仕事? 具体的な仕事内容を解説します!【前編】

キャリア×マーケ 2019/10/17

新卒で就職を目指す方にも人気の高い職種の1つであるマーケティング職。給料や年収も高く設定されていることが多く、華やかな仕事だというイメージがあるかもしれませんが、具体的にどんな仕事なのかしっかりと説明できる方は多くないでしょう。ビジネスシーンでは頻繁に耳にする言葉ではありますが、日常生活で使用するようなタイプの言葉ではないので、自社にマーケティング部門や関連する部署がなければ、詳しい仕事の内容をつかむことは難しいかもしれません。

この記事では、これから就職・転職をすすめていく方に向けて「マーケティング職の仕事内容」について詳しく解説しています。マーケティング職について知ることは、就職・転職のヒントになるはず。ぜひ最後までご覧ください。

マーケティングとはなにか



まずはっきりさせておく必要があるのは、「マーケティングとはいったいどういったものなのか」ですよね。何となく市場調査をするといったイメージを持っているかもしれませんが、実はそれはマーケティングの一部に過ぎません。ひとくちにマーケティングといっても担当する仕事は非常に多岐に渡ります。

企業の戦略に大きく関わるもの

マーケティングとは、企業が持つサービスや製品といった商品を売るための戦略全般のことを指します。「誰に何をいくらでどのように売るか」について戦略を練り、企画する仕事です。企業の販売戦略を担当していると考えれば分かりやすいでしょう。クライアントや消費者に実際に商品を買ってもらうためにアプローチをかけるのは営業職の仕事ですが、商品の企画や開発、値段設定、PR方法などを策定するのはマーケティング職の仕事です。そのため、企業においてマーケティングが担う責任はかなり大きなものとなります。全体を統括するマネージャーのような役割をすることも多いです。

会社が商品を売るのは、利益を上げて成長を遂げるためです。そのため、どんなものをどのように売るかにはおのずと慎重に考えを巡らせることになります。製品やサービスを売るためには、単純に安かったり質が良かったり珍しかったりすればよいわけではありません。人々に欲しいと思ってもらえなければヒットにはつながりません。やみくもに新商品を企画するのではなく、ニーズを探ることも商品をヒットさせるための大切な前段階となります。

例を挙げるなら、熱帯地域で身体をあたためるカイロを売ろうとしてもニーズはありませんよね。ものの良し悪しだけでなく、求められているものかどうかは非常に重要な要素と言えます。

そのため、マーケティングはニーズを探るところから始まっています。ニーズを探ることを市場調査や市場分析と呼びます。売れるものを作るために、市場調査は最重要であるといってもよいでしょう。

市場調査によってニーズを掴むことで「誰に・どんなもの」を売るのかが定まります。ここから実際に商品を企画することになります。もちろん企画したものすべてが新商品として世に出るわけではありません。商品企画といった職種を設けている会社は、基本的にはマーケティング職が集めたデータをもとに新たな商品を企画することが多いです。しかし、マーケティング職が商品の企画を行うことも珍しくありません。

新しい商品の開発にあたっては、経営陣に向けて社内プレゼンを行い、通過したものだけで開発の段階に進むことができます。マーケティング職の仕事の最終段階は「どのように販売するか」を決定するところです。実際に現場で商品を販売するのは営業職ですが、商品のパンフレット作成や広告宣伝といったPR活動などの具体案を提示するのも広くはマーケティングの仕事内容です。広報や広告宣伝などとも連携しながら仕事を行い、企画を実行していくことになります。

(続きのページは以下をクリックしてご覧ください)




  • 気になる

Downloadダウンロード資料

マーケタースキル診断

マーケティングディスカバリー

Related Articles関連記事

Intervieweeインタビューイー

Companyこの会社について


「いいね!」してマーキャリの最新情報をチェック!

>>マーキャリのRSSを購読はこちら<<