記事

マーケティングスキル

2018/5/11 (金)

橋本が行く!自社でマーケター会やってみた。の巻

こんにちは!

いつまでもぴちぴちで居るために、最近ホットヨガを始めた橋本です。

ヨガは短期的な成果を追うものではなく、中長期的に体質改善し、
太りにくい体(つまりダイエット)を勝ち取っていくもの。
だから『ホットヨガを始めたにも関わらず1ヶ月で2キロ太った』という目先のことに一喜一憂せず、3か月で-5キロ目指します。

あれ?
これってなんだかマーケティングに似ていますね。

日常にマーケティングは溢れてる。
という訳で、本題、スタートです!
 

マーケティング勉強&交流会『ミルクラ』とは?

今回は、「橋本が行く」というより、「橋本のところに行く」が正しいタイトルだったりします。

なぜなら!
ついについに、マーケティング勉強&交流会、主催しちゃったからです!!

そんなマーケター会の名前は『ミルクラ』(正式名称:Marketers lodge Club)。

「マーケティングを使ってもっと成長したい!」と思っている人のステップアップをお手伝いすることを目的としたオフラインのイベントです。

Webを見ればマーケティングの情報はたくさんあるけど、実務を通してたくさんの経験を重ねてきたマーケターから直接「生きたノウハウ」を学べる場って、あんまりない。。

そんな「生きたノウハウ」を、講演だったり、グループワークだったり、パネルディスカッションだったり、懇親会だったり、から、たくさん学びましょう!というコンセプトで、第一回、『マーケティングの楽しみ方』というタイトルで実施しました。

イベントの詳細はこちらからご覧ください。
それではここから、当日の内容をレポートしちゃいます!
 

最初のドキドキは、参加率。

4月16日、月曜日。夜18:30。

参加申込は、定員を上回る41名。
果たしてこの会場がちゃんと人で埋まるのか…と不安を抱きながら、受付開始。


ドキドキしながら待っていましたが…

41名の申込に対して、37名の方が参加してくれました!

歩留まり(参加率)は、なんと90%!!
最初の関門は何とか抜けることが出来ました。
 

基本に立ち返る。マーケティングの本質とは?

そして19:00、『ミルクラ』ついにスタートです。
最初は、マーケティングプラットフォーム『AD EBiS』を開発、販売する株式会社ロックオンのマーケティング部 部長、デ・スーザ リッキーさんから「やさしく考える マーケティングとはなにか」というタイトルで講演してもらいました。

デ・スーザさんにはマーケターインタビューでも取材を受けて頂いています!
そちらの記事も合わせてご覧ください。

長くWebディレクターを経験される中で実績を積み、webプロモーションの責任者も担当したデ・スーザさんが話す、「りんごの話」と「ドリルとの話」。

水や空気などの育成環境、ましてや「味も」同じりんご。
ただ、一方は1個100円、もう一方は200円。
値段以外同じ条件なら、もちろん安い方を選びますよね。
でも、二つのりんごの背景にある「情報」によって、受け取る人にとってのりんごの価値は大きく変わります。

つまり、適切な付加価値を「その情報が必要なターゲットに十分に提供する」こと。

それによって、ターゲットが「これが欲しかったんだ! ありがとう!」となることが、
マーケティング活動の本質といえるでしょう、というお話でした。

デ・スーザさんはマーケターインタビューの取材の中で、「マーケティングとは、『相手に告白させる仕事』」とお話しされていましたが、まさにそれを感じさせる内容でした!

そして「ドリルと穴」の話。

佐藤 義典さんの『ドリルを売るには穴を売れ』は、あまりに有名な書籍なので読んだことがある方も多いのではないでしょうか。
---------------------
『ドリルを売るには穴を売れ』とは…
モノを売るすべての人に向けたマーケティングの入門書です。
タイトルに使用されている「ドリルを売るには穴を売れ」とは、「商品を売るには、顧客が購入することで得られる『価値』から考えるべきである」という意味を表しています。
---------------------

ドリルを売りたいと思っている人がいて、
そのドリルがどんなに優れていて高機能な商品なのかを伝えるサイトを作った。
でも、ユーザー目線に立つと、それって本当に欲しい情報?
ドリルを買おうと思っているユーザーが本当に欲しいのは、
ドリルによって作られる「穴」の方じゃない?
だったらユーザーに伝えるべきは、本当に「当社のドリルの素晴らしさ」なのか?

という内容を、具体例を交えてお話頂きました。
マーケティングの基本ともなるお話に、力強くうなずく人、写真を撮る人、多数!

こんな風に字面で見ると、
顧客目線でメッセージ開発するとか、
ターゲットに合わせた付加価値を情報提供するとか、
「うんうん、そりゃそうだよね」、と思いますよね。
でも、具体例を出されると、

「穴じゃなくてドリルを売る、
 自分もやりがちかも…」

と思ってしまう恐ろしさ。

わたしも力強くうなずきながら、お話聞き入ってしまいました。。
自分を見つめ直す、ほんとに良いコンテンツでした。
 

自社のwebサイトは穴か?それともドリルか!? グループワーク

その流れで、そのままグループワークへ。
3人一組でグループを作り、お互いのwebサイトを見て、お互いのサイトに対してフィードバックしあう、というワーク…


めちゃくちゃ盛り上がりました!

もう、マイクで声を張り上げなきゃ司会の声が聞こえなくなるくらい、盛り上がりました!
最後に、デ・スーザさんから
「みなさんのサイトはドリルでしたか?穴でしたか?」
という質問に対しては、

「ドリルだった」と答える人がほとんど…!

頭ではわかっているんです。
他社のサイトなら、気づくんです。
でも、自社のことになると、そう考えるのがなかなか難しい。

ユーザー目線、奥深い!
 

マーケティングを通して『エキサイティングな経験』を出来ている?

グループワークが終わり、歓談の時間が訪れた・・・
と思ったところで、パネルディスカッション!

『マーケターのキャリアパス』をテーマに、
株式会社ギブリー 執行役員 吉田将輝さん
Mtame株式会社 マーケティングオートメーショングループ  シニアマネージャー田中次郎さん
のお二人が登壇しました!

ビール片手に終始和やかな雰囲気。。


左から、Mtame 田中氏、ギブリー 吉田氏、エムエム総研 河村。

お酒も入ってるし、ゆるく、脱線もありつつのトークになるかな?
と思いきや、アツい想いあり、「そんな裏技アリ!?」っていうようなぶっちゃけトークありの、とても濃いお話に。

特に印象的だったのは、「マーケティングにおけるエキサイティングな瞬間とは?」という質問に対しての答え。

“マーケティングは、惜しみない努力と熱量次第で、弱者が巨人をぶったおせるもの。
No.1になれる領域を探して、道筋を探して、努力すればNo.1にだってなれる。
こんなに努力が報われるものは他にはない。“ と話す、田中さん。

“ひとつの働きかけで、人の心を動かし、行動を変えることが出来る。
そしてマーケティングは自分が対話した相手だけでなく、
多くの人を相手にそれを出来る。
そんなプロモーションを打てた瞬間がすごく気持ちいい!“と話す、吉田さん。

純粋に、いいな、と感じました。
わたしも、とんでもなくエキサイティングで気持ちいい瞬間を、
マーケティングで経験してみたい!

そんなこんなで21:40、全てのコンテンツが終了! 最後は参加者のみなさんと写真撮影!


 

肝心の、参加者の満足度は…!

アンケートも書いてもらいました。
コイツの集計がまたドキドキでしたが、

参加者の90%の方(アンケート回答者の100%!)から『満足した!』と回答いただきました!

「リンゴの話が非常に参考になりました。」
「営業職(toB)の者ですが、営業に通じる人の心を動かすであったり、クライアントにとって価値を上げるであったり、たくさんの気づきがありました。」
「第2回も参加します」
「ためになり本質に立ち返れる内容でした。」
などなど、ありがたいお声をたくさんいただきました!

そんなマーケティング勉強&交流会『ミルクラ』、
どんどん興味を持ってきましたよね?
安心してください。

ご好評につき、、、

同じ内容で再度実施することになりました!!

前回行きたいと思ってたけど、都合が合わなかったひと。
このレポートを読んで、行ってみたいと思ったひと。

今マーケターのひと。
マーケターではないけど、マーケティングに興味を持っているひと。

そんな全ての人を、ミルクラは歓迎します!
5月30日(水)19:00~実施です。

では次回、ミルクラでお会いしましょう!!

▼お申し込みはこちら▼
https://mar-cari.jp/milclub/

Related Post

TOPページに戻る記事一覧に戻る

MEMBER会員登録

会員登録していただいた方は、マーキャリのすべての機能をご利用いただけます!

CONTACTお問い合わせ

インタビューを掲載したいマーケター募集中!
サービス案内、セミナー情報、求人情報を無償掲載中!
まずはお気軽にお問合せください。