marketing career

マーケティングとキャリアをつなぐ総合情報メディア

多くの転職成功者が実践している面接対策とは

キャリア×マーケ 2019/01/08

転職活動中に重視されるわりに答えがわからなくてモヤモヤする面接試験。しかし面接試験は、転職活動を成功させるうえで外せない要素です。面接試験で質問されやすい内容のひとつに「成功体験」があります。IT、不動産、メーカー、商社、介護など業種に限らず、この質問ひとつで内定に響く可能性もあります。

そこで今回は、面接官が成功体験でチェックする項目・成功体験の上手な伝え方を中心に見てみましょう。転職成功者の成功体験を見つける方法も載せてありますので読みすすめてくださいね。

そんなのない…転職でよく聞かれる「成功体験」

企業の面接。経歴の説明から始まり、流れの中で成功体験を聞かれることがあるものの、何を話せば良いか分からない、誰か相談できる人もいないと思って人もいるはず。はじめに、面接官が成功体験を聞く意図・成功体験がない場合の対処法を見てみましょう。

そもそもなぜ成功体験を聞いてくるの?

成功体験のイメージ

面接官は、あなたが成功した内容を聞きたいわけではありません。あなたの成功体験の話を聞いて、「採用・入社後にあなたが活躍できるか?」「長期間勤められそうか?」という観点で、面接官はジャッジを下します。

つまり、前職で大成功をおさめた人が受かるわけではないということです。
成功体験を話す時は下記内容を意識するとよいでしょう。

■どうやって問題解決できたか?
成功体験を得るために「どんな問題にぶち当たったか?」「その問題をどうやって解決したか?」話しましょう。

問題なく解決できた成功体験しかない場合「この受験者は苦労してなさそうだからうちの会社では働けなさそうだ」と、面接官に悪い印象を持たれる恐れがあるため苦労して得た成功体験を話した方が良いです。「苦労した時期もあったが最後は成功をつかんだ」という場面が浮かぶ内容の話をしてみてください。

■成功体験によって、未来にどんな影響があったか?
その成功体験で、未来にどんな影響を与えたのか話すのも大事です。「英検1級を取得できて憧れの翻訳者になれた」「高校の野球部でキャプテンになったことで、社会人野球でも活躍できた」というイメージです。

成功体験で自分がどんな影響を受けたのか、面接官に分かりやすく伝えましょう。

■面接官からの質問に答えられるようにする準備も大事
矢継ぎ早に面接官から成功体験についての質問をされる場合もあります。成功体験を話した後に面接官からの質問内容を想定しておくと、質問攻めに遭っても答えやすくなるでしょう。

成功体験がないときは「目標達成した経験」を話そう!

成功体験がない場合は、目標達成した経験を話すのもOKです。目標設定~目標達成までのプロセスを面接官に伝わるように話しましょう。なお、プロセスを話す時は説得力がある内容を話すことが大事。

「面接会場で口下手なのに、営業目標を達成したエピソードを話す」「服装や髪型が乱れている女性が、事務や経理など細かい作業についてのエピソード」を出すなど、受験者の見た目とエピソードにギャップがある場合は信憑性が薄くなり、面接官にマイナスイメージを与える恐れもあります。

面接時に嘘のエピソードを話す人もいますが、面接官から深堀されると墓穴を掘る結果になったり、転職後にはわかってしまうため辞めておきましょう。

転職で成功体験をうまく伝えるには



成功体験をうまく伝えたいけど、どのように伝えれば良いか分からない人もいるのではないでしょうか?なかには、成功体験が見つからない、ほとんど未経験で話すことがないという人もいると思います。ここでは、成功体験の見つけ方・伝え方を紹介します。

成功体験の見つけ方

成功体験を見つけるには、下記3つのポイントを意識してみてください。

■成功した実感は関係ない
周囲からの見られ方は、そこまで気にする必要はありません。自分のなかで「成功体験」だと思えれば、話す価値アリです。

「こんな成功体験で良いかな?」と思っていても、面接官によっては偉大な成功体験だと捉える場合もあります。自分に自信を持って成功体験を見つけましょう。

■仕事で工夫したこと、努力したことがないか考えてみる
仕事での工夫・努力したことがないか考えると、成功体験も見つかりやすいです。たとえば、営業職での成功体験を見つける場合は、下記のステップで思考してみてください。

~例.営業職時代の成功体験の見つけ方~
1.個人成績を上げるために、工夫・努力したことを考える(顧客の年齢層を絞った、営業時の話題を工夫した、教養力を付けるために読書をしたなど)
2.工夫・努力したことでどんな成功体験があったか考える(今まで断り続けていた顧客に契約してもらえた、特定の年齢層への売上が増えたなど)

苦労した内容を考えると、成功体験を見つけやすいです。「失敗した理由+解決するために行なった理由+何を得ることができたか」などの細かいプロセスがあれば、話に重みが出やすくなります。

■応募先で使えるスキルを軸にして考える
応募先で生かせるスキルを基にして、成功体験を見つけるのも1つの手です。「会計・コンピュータ系・英語」などの資格だけではなく、前職で身に着けた技術もスキルに入ります。「前職で✖✖(スキル名)を生かして、エラー率が少ないコンピュータプログラムを開発できた」など、過去の業務面で誇れることがないか探してみてください。

うまく伝えるにはストーリーを意識しよう



成功体験にストーリー性を含ませて話すと、面接官に興味を持ってもらえる確率も上がります。なお、転職時、成功体験を伝える時は下記の順番で伝えましょう。

①結論(どんな成功体験をしたか)
②動機(成功体験をつかもうと思った理由・なぜ、その成功体験を得ることができたのかなど)
③エピソード(成功体験を得るために挑戦したこと→工夫したこと→どんな結果だったか→何を学んだかの順番で話すと良い)

結論を先に伝えると話のゴールが見えるため、動機やエピソードの話も面接官に伝わりやすくなります。結果、面接官に興味を持ってもらえる確率も上がるのです。
なお、エピソードの話は自己PRや志望動機につながります。エピソードと自己PR・志望動機の間に矛盾点があると面接で落とされやすくなるためご注意ください。

転職で使える成功体験の回答例

転職の面接時に使える成功体験例を知りたい人もいるでしょう、最後の章では、具体歴な回答例を紹介します。

成果をアピール

■数字を使ってのアピール
分かりやすいのは数字を使ったアピール。たとえば「前年度比の個人売上額と比べて、3倍増になった」「経理システムの開発に携わり、経理の処理速度を5倍速くすることに成功した」といったイメージです。数字を盛り込むと、成功体験に信憑性が生まれやすくなるでしょう。

■表彰された話を盛り込む
表彰されたエピソードを盛り込むのも効果的です。「部内で営業成績トップになり、社長から表彰を受けたことがある」「○○を開発した功績を、国(自治体)から表彰してもらった」というイメージです。

成功体験に「権威性」を含ませることができて、面接官に関心を持ってもらえる確率も上がります。

苦労した話、挫折した話をはさむ

成功体験をつかむために苦労・挫折した話を盛り込むと、成功体験に厚みが出やすくなるでしょう。苦労・挫折話は問題解決力のアピールになります。その経験が、現在何に生かされているかまで伝えられると、面接官に関心を持ってもらいやすいです。

さらに、苦労・挫折した話で自身の性格的な部分をアピールするのも可能です。苦労・挫折した話が自身の性格に紐づいていれば、信憑性が高い成功体験になります。性格面とのズレがないように気をつけてください。

「多くの転職成功者が実践している面接対策とは」のまとめ

転職における面接対策について解説しました。あまりご説明しませんでしが、基本的なマナーや身だしなみは当然押さえておいた上で応答も工夫していきましょう。どんなに小さな成功体験でも、エピソードの内容を充実させたり成功体験の伝えるコツを覚えたりすると、面接官に良い印象を与えやすくなります。ぜひ、転職活動に生かしてみてください。

  • 気になる
会員になってみんなのコメントを見よう!
まだ会員でない方はこちら

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

Related Articles関連記事

Intervieweeインタビューイー

Companyこの会社について

Special Contentsキャリアアップにつながる