marketing career

マーケティングとキャリアをつなぐ総合情報メディア

マーケティングプランナーとは?詳しい仕事内容とやりがい、身につけておきたいスキルを徹底解説!

スキル×マーケ 2019/06/28

企業が新しいサービスや商品を世に出す上で欠かせないマーケティング。言葉をよく耳にすることはあっても、詳しい仕事内容についてはあまりイメージできないという方も多いのではないでしょうか。この記事では「マーケティングとは何か」という基礎的なところから、「マーケティングプランナー」の仕事内容や働いていく上で身につけておきたいスキルなどについて詳しく紹介しています。これからマーケティングプランナーを目指す人はもちろん、新卒でそれぞれの職種について理解を深めたいという方にも参考になる内容になっています。

マーケティングプランナーとは?



マーケティングプランナーとは、その名称の通り「企業のマーケティング戦略を企画・立案する人」のことを指します。詳しい仕事内容の前に、まずは「マーケティングとはなにか?」というところから説明をしていきます。

マーケティングとは?

マーケティングとは一言でいうと「企業が顧客獲得のために行う戦略全般」のことを指します。なんとなく市場調査というイメージがあるかもしれませんが、それは正しくありません。例えば広告宣伝なども、顧客獲得のために行うものですからマーケティングの一部と言うことができます。

マーケティングプランナーの仕事内容

企業が置かれている市場分析や課題分析を行い、どうすれば製品やサービスをより効果的にターゲット顧客まで届けることができるかを企画するのがマーケティングプランナーの役割です。実際に現場で活動するというよりは、立案した企画の全体をまとめる役割を担うことが多いです。Webデザイナーやコンテンツライター、データスペシャリストなどの各部門のスタッフを統括するリーダーのような役割だと考えればよいでしょう。

マーケティングは「顧客獲得のための戦略」であるので、それを立案するマーケティングプランナーの仕事は、企業の課題を明確にするというだけに留まらず、その課題を解決するためにはどのような方策をとればよいかといったところまで具体的に提案できる必要があります。

マーケティングプランナーの仕事の魅力・やりがい



「今までにないものをゼロから考えて実現できる」というのはマーケティングプランナーの大きなやりがいと言えるでしょう。クライアントがBtoC企業であれば、自身のプランニングの結果、実際に商品やサービスが世に出るということも珍しくありません。人気や関心が集まれば達成感も大きいでしょう。

インターネットの発達に伴い、現在ではSNSやスマートフォンといったデジタル領域にまでマーケティングの範囲は広がっています。以前は企業の広告宣伝と同一視されていた面も多かったのですが、現在はそういった枠を超えてマーケティングそのものに注目が集まっています。その分マーケティングプランナーに限らずマーケティング職に求められる仕事量やスキルは増えていますが、その分大きなやりがいがあるとも言えるのではないでしょうか。

マーケティングプランナーに求められるスキル

課題の分析、解決への方法を行うマーケティングプランナーには、どのようなスキルや人物像が求められるでしょうか。マーケティングプランナーとして活躍する上で役立つスキルについて詳しくご紹介していきます。

論理的思考能力

戦略を考える上で重要なのは、データに基づいて解決策を導き出すことです。せっかく費用をかけて様々な調査を行ったところで、自身の感覚やセンスを前面に出した提案をしてはクライアントを納得させることはできないでしょう。マーケティングプランナーは、データからどこにどのような課題があるかを見極め、こうすれば解決できるといったことが考えられる論理的な思考能力が必須です。

コミュニケーション能力

マーケティングプランナーは、戦略の立案だけでなく実行に移すところまでも担います。そのため各関連部署と協力しながら仕事をすすめていく必要があります。各部門を統括するリーダー的な役割を担うマーケティングプランナーには、自身の意見をしっかりと伝える力や、周りの意見をくみ取る能力が重要です。

マーケティングが好き

なによりも重要な資質と言えるでしょう。マーケティング職は魅力的な仕事ではありますが、マーケティングには、自身の業界に限らずあらゆるものがヒントとなることも多いです。業界関係なく世の中のトレンドに注目し、自然と興味を持ったり実際にサービスを使ってみたりということが自身のアイデアの引き出しとなり、プランニングに役立つということも非常に多いです。そのため仕事とプライベートの区別なく、マーケティングについて考えることを苦痛に思わず、むしろ楽しめるような人が、マーケティングプランナーに向いていると言えます。


チャレンジ精神が強い

マーケティングプランナーは企画の立案から実行まで一貫して携わります。企画に対してGOサインを出すのはクライアントではありますが、結果が出なければ継続して依頼をもらうことはできません。そのため分析・調査結果をもとに立てた企画が実行され、結果として表れるまでは気を抜くことができません。プランのリーダーのような役割でもありますので、そのプレッシャーは計り知れないものがあると言えるでしょう。
忍耐力はもちろん、困難に立ち向かっていくチャレンジ精神がマーケティングプランナーには求められます。

マーケティングプランナーとして転職する際の注意点

最後に今後マーケティングプランナーとして転職を考える際に、気をつけておきたいことをお教えします。

企業によっては「マーケティンプランナー職」ではなく「マーケティング職」として募集を行っているところも多いです。その企業にとって「マーケティング」とは何を指すのかということは具体的に確認しておいた方がよいでしょう。

また、マーケティングプランナー職としての採用である場合でも、自社のマーケティングを担当するのか、クライアント企業のコンサルタントのようなかたちでプランニングを行うのか、BtoB企業かBtoC企業かといったところでも仕事内容は大きく変わってきます。自分が行いたいものと違ったというミスマッチが起きないように就職・転職時にはきちんと確認した上で応募することを忘れないでください。これからもますます注目を集める職種ですので、自身のキャリアアップのステップとして検討してみるのもよいかもしれませんよ。

  • 気になる

Downloadダウンロード資料

Related Articles関連記事

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

Intervieweeインタビューイー

Companyこの会社について


「いいね!」してマーキャリの最新情報をチェック!