marketing career

マーケティングとキャリアをつなぐ総合情報メディア

UXデザイナーってどんな仕事?必要なスキルやキャリアについて徹底解説!

スキル×マーケ 2019/06/05

SNSなどの発展につれてWeb業界への就職・転職を目指す人も多くなってきました。常に進化を続ける業界だからこそ、人材不足は業界全体の悩みのタネとなっています。最近ではWebデザイナーやWebエンジニアの募集とともに、UXデザイナー職の募集も増えてきました。この記事ではWebデザイナーとの違いやUXデザイナーの詳しい仕事内容、求められるスキルなどについて詳しくご紹介していきます。
Web業界を目指すのなら、ぜひ知っておきたい内容になっていますのでぜひ参考にしてください。

UXってなに?



UXとはユーザーエクスペリエンス(User Experience)の略称です。エクスペリエンスとは「体験」という意味で、UXとは製品やサービスを利用することで得られる経験のことです。
UXデザイナーは、ユーザーが製品やサービスを利用することで「楽しい・心地よい」と思われるようなものを作ることが仕事です。
使いやすさや分かりやすさだけでなく、楽しさや快適さも重視されるデザインを作ることが重要になります。

UXデザイナーとUIデザイナー



UXと似たような言葉に「UI」というものがあります。UIとはユーザーインターフェイス(User Interface)の略称でユーザーと製品・サービスとの接点という意味になります。UXデザイナーが「楽しい・心地よい」ものをデザインするのに対し、UIデザイナーは「使いやすいデザイン」をするのが仕事です。
WebサイトをイメージするとUIデザインについて理解しやすいでしょう。商品がはっきりと見やすく並べられているか、文字の大きさや色は見やすいか、ページ内の検索は簡単で求めるものが出てくるか、など「使い勝手の良さ」に特化した部分がUIデザイナーの役割となります。スマートフォンのアプリでも同様で、デザインや画像、ボタンの配置など外観に関わるものは全てUIデザインの領域です。

一方でUXデザイナーはUIも含めた経験や体験までデザインします。使った結果楽しいと感じる流れを作るのが仕事ですので、「UIデザイナーの仕事はUXデザイナーの仕事の一部」だと言えます。

UXデザイナーの仕事内容

サイトやアプリを使ってもらってユーザーに「楽しい」と感じてもらうのがUXデザイナーの仕事ですが、少し具体的な仕事内容について述べていきます。

SEO・サイト分析

WebサイトであればGoogle Analyticsなどの解析ツールを使ってよく見られているページや滞在時間など、ユーザーの行動について分析します。情報としてだけでなく、「なぜそのページは人気があるのか」といった予測を立てる能力も求められます。

ユーザーインタビュー

実際にユーザーと対面やオンライン上で直接聞き取り調査をする、または実際に使用しているところを見せてもらい、ユーザーが使いづらいと感じている点がないかなどのチェックも行います。調査やチェックを繰り返して問題点を明確にし、その解決策を考えるのもUXデザイナーの仕事です。

UXデザイナーは「どうすればユーザーがより満足できるか」ということにフォーカスして対策を練るので、実際にサイトを修正する作業などはUIデザイナーなど、別の人間が担当することも多いです。どちらかというとプロデューサーのような役割と考えておけばよいでしょう。そのため、仕事内容の幅は広いですが、必ずしもWebデザインなどについて詳しくないUXデザイナーも多いです。

UXデザイナーに必要なスキル

ここからは、UXデザイナーに求められるスキルについて紹介します。技術面ではPhotoshopやSketch、Illustratorなどが使えると好ましいですが、ここではソフト面とも言うべき技術面以外について項目ごとに詳しく述べていきます。

マーケティングやSEO、サイト解析の経験

これは言うまでもないことですが、UXデザイナーの業務に沿った経験があるならば、転職時には大きく有利に働きます。

Web業界のトレンドを把握している

最新のスマートフォンサービスやアプリの内容についてどんなものが人気で、どういったものが使いやすいかといったことを把握しておきましょう。話題になっているものはとりあえず使ってみるというだけでも十分です。業界のトレンドの移り変わりが早いので、色々なものに興味を持つことは非常に重要です。好奇心が旺盛で、臨機応変な対応ができる人はUXデザイナーとして適正があると言えます。

コミュニケーション能力

サイトやアプリのデザインは一人で行うものではなく、様々な部署やチームが携わっています。UXデザイナーであれば社内だけでなく、一般ユーザーともコミュニケーションをとる場面がありますので、コミュニケーション能力は仕事をしていく上で非常に重要です。使いやすいというだけでなく、「楽しい・心地よい」という体験を生み出すためには大勢の人の意見や要望を掴む必要があります。表面的でなく、潜在的なニーズを掴むためにはコミュニケーション能力は欠かすことができないものです。

UXデザイナーへの転職について

UXデザイナーはサイトやアプリ制作において上流の工程に位置するものです。Webデザイナーからの転職が通常ですが、たとえばプロジェクトのマネージャーやプロデューサー、コンサルティングなどの経験があれば、転職時に大きなアピールポイントとなるはずです。Web知識は必要になりますが、他の応募者との差別化もできるので、Web業界が未経験だとしても十分にチャンスはありますよ。

UXデザイナーへの就職・転職を狙うならWebに関する資格はたくさんあるので関連するものを取得または勉強しながら就職活動を行なうのもよいでしょう。

管理職に進まずに、Webに携わるというのならUXデザイナーはキャリアとして一つのゴールとも言えます。需要はこれからますます高まっていくことはほぼ確実ですし、海外ではIT系のメジャーな職種で、スキルによっては年収1,000万円以上ということも珍しくありません。日本ではまだまだ認知度が低い職種ですので、条件さえ整えば今のうちに応募してみるのもよいかもしれませんよ。

  • 気になる

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

Related Articles関連記事

会員になってみんなのコメントを見よう!
まだ会員でない方はこちら

Intervieweeインタビューイー

Companyこの会社について