marketing career

マーケティングとキャリアをつなぐ総合情報メディア

マーケティングの勉強に【オススメな本とサイト3選】をまとめてご紹介

スキル×マーケ 2019/04/02

マーケティングを学ぼうと思うと、様々な教材があって学ぶことが多いと感じるでしょう。ただ中には何を最初に学ぶべきか、などの具体的勉強法が分からないと感じている人はいませんか?せっかくマーケティングを学ぼうと考えているなら、スムーズに知識を蓄えていきたいと考えますよね。
そこで今回は、マーケティングを学ぶにあたっての正しい勉強法について説明していきます。これからマーケティングについて学ぼうと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

マーケティングの勉強法とはまずマーケティングにおいて、何を勉強していくべきなのでしょうか?マーケティングというジャンルだけだと抽象的過ぎて、初心者にはどこから手を出していくべきなのか分からない、と考えがちです。そこでここでは、マーケティングの基本となる勉強方法について説明していきます。

知識を獲得する

まずはマーケティングにおける知識を蓄えていきましょう。知識の蓄え方としては、以下の通りになります。

1)マーケティングに関する知識を体系的に学ぶ本、webサイトなどを用いて、マーケティングに関する知識を蓄えていく方法です。図書館に行けば専門的な本もあり、Webだと無料で知識を蓄えることができます。

2)専門学校に通うマーケティングに関する知識を学べる、専門学校に通うという方法です。専門の先生に教えてもらえるので、間違った知識を入れずに済みます。

3)勉強会やセミナーに参加してみるマーケティングに関する勉強会やセミナーに参加して、知識を蓄えていく方法です。都心部を中心に定期的に開催されており、参加料を払うことで参加することができます。

アウトプットをする

知識を蓄えていったら、次にアウトプットしていくことが重要です。知識だけをインプットしただけでは、学んだことにはなりません。インプットした情報を整理するという意味も込めて、アウトプットしていき知識を確かなものとしていきます。

方法として自分でブログを開設してみたり、SNSを利用して投稿してみるとよいでしょう。見ているユーザーからの意見ももらえることがあるので、自分の知識が正しいかの判断基準にもなります。だんだんアウトプットの量が増えて知識が固まってきたらwebサイトを作って、実際に集客をしてみましょう。実際に蓄えた知識も、活用しなければ意味がありません。ただ最初はうまくいかないことが多いので、トライ&エラーを繰り返していき、経験を積んでいきましょう。

マーケティングの勉強におすすめの本

マーケティングの勉強方法として、本を読んで知識を蓄えるという方法があります。ただもしマーケティングの勉強を本で勉強しようと思っても、何から読むべきか分からない人が多いでしょう。中には最初のマーケティングの本のチョイスを間違ってしまい、勉強をしなくなってしまう人もいます。そうなる前に、ここではマーケティングを勉強すると決めたなら最初に読むべき、おすすめの本を紹介していきます。今から勉強しようと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

コトラーのマーケティング・コンセプト



コトラーのマーケティング・コンセプト

こちらの本は、現代におけるマーケティングの第一人者、フィリップ・コトラーの著書にあたります。マーケティングで重要とされる、80の用語や概念を解説したものになり、初心者でもわかりやすいように書かれています。コトラーが考える、戦略的マーケティングを学ぶことができ、より実践的な内容が書いています。また初心者におすすめといいながらも、マーケティングを集中的に行っている企業やマーケティング担当者が愛用している本でもあります。読み終わった後も、見直すための教科書として使うことができるので、これからマーケティングを学ぼうとしている人にはぜひ読んでいただきたい1冊となっています。

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方



USJを劇的に変えた、たった1つの考え方

いわずも知れたUSJの経営を回復した、これまでの実績をもとに書かれた本です。一度経営が危ない時があったにも関わらず、USJは見事V字回復に成功しています。このUSJの成功事例から、マーケティングの本質を学ぶことができるでしょう。また専門的な内容でありながら、初心者でもわかりやすい構成となっています。マーケティングを学びつつ、USJがどうやって復活を遂げたのかを楽しみながら読めるので、高校生や大学生にも人気の本となっています。USJの成功体験を見ていき、マーケティングの本質を学んでいくとよいでしょう。

マーケティングの勉強におすすめのサイト

マーケティングの勉強方法として、Webサイトを見て勉強するという方法も有効的です。お金がかからず、専門学校やセミナーに比べるとコストパフォーマンスが良い勉強法といえます。ただマーケティングを勉強できるWebサイトは、星の数ほどあります。ネットワーク上には正しい情報が書かれているものもあれば、間違った情報を書いたものもあります。

せっかく覚えたのに、間違った情報だと判明したら、再度覚えなおさなくてはいけません。二度手間となってしまうので、正しい知識を入れるには、情報が正しいサイトを選んでいく必要があるでしょう。そこでここでは、マーケティングを勉強するならおすすめのサイトを3つご紹介していきます。

Schoo



最先端の授業を学ぶことができる、Webサービスになります。マーケティング全般を動画で勉強することができます。さらにマーケティングだけでなく、「経営」「ビジネススキル」「デザイン」など幅広く対応しているので、他の知識も同時に勉強することもできます。動画はすべて生放送で、放送中はチャット形式で講師へ質問ができるので、初心者でも安心して使うことができます。生放送なので見逃してしまうこともあるでしょうが、3分で学ぶことができるショート版の動画を見ることができます。もし有料会員になるのであれば、録画された動画を見ることも可能です。普段の仕事が忙しくて勉強する時間がない人などは、有料会員に登録していつでも見ることのできる録画機能を使っていくとよいでしょう。

参考URL:https://schoo.jp/

Google デジタルワークショップ




Googleが無料で提供しているeラーニングになります。オンラインで学習することができるので、すき間時間に学ぶことが可能です。学生の方でも社会人の方でも学ぶことができるとあるので、年齢にかかわらず最適なレッスンを受けることができます。さらにデジタルマーケティングの基礎を1から学べる部分も、魅力的なサービス内容といえるでしょう。何度も学習することができ、何度でも問題に挑戦することができるので、忘れてしまうということを極力減らしてくれます。マーケティングだけでなくインターネットに関する知識や、アクセス解析、広告、SNS運用など幅広く無料で学ぶこともできます。マーケティングだけでなく、他にも動画で分かりやすく勉強してみたいと考えている人には最適といえるでしょう。

参考URL:https://learndigital.withgoogle.com/digitalworkshop-jp/course/digital-marketing

ferret



ferretは、コンテンツマーケティングやWebマーケティングを体系的に学べる、学習サービスサイトになります。基礎知識を学びながらも、他社のWebマーケティングの成功事例を知ることができます。勉強していて「本当にこの勉強に意味があるのか?」などの疑問点を無くしてくれるでしょう。マーケティングに対する知識をカリキュラム化してくれているので、初心者から上級者まで学んでいくことができます。さらには無料のメソッド資料を提供しているので、これから総合的にマーケティングを学んでいきたいという人も、先に読んで進めていくかを判断することも可能です。自分でビジネスを始めてみたいけど、まずはマーケティングを1から学びたいと考えている人におすすめです。

参考URL:https://ferret-plus.com/

マーキャリ



「マーケターになりたい」、「マーケターとしてもっと活躍していきたい」という方向けの情報メディアです!マーケティングのスキルやキャリアを知ることができるのもそうですが、マーケターという仕事はどういったものかをお伝えしています。中には業界で活躍するマーケターのインタビュー記事がありますので、今後マーケティングを仕事としていきたいと考えている人には、有益な情報を提供していますよ。何よりコンテンツも充実しているので、マーケティングキャリアを考えるきっかけを作るお手伝いをしています。これから本気でマーケティングを学んで、仕事にしていきたいと考えている人は是非会員登録をお願いします。

参考URL:https://mar-cari.jp/

まとめ

マーケティングの勉強は、とても専門的な知識となってくるので、修得までに時間がかかってきます。ただし最初の勉強方法を間違えさえしなければ、自分が学びたいマーケティングの知識を最速で手に入れることも夢ではありません。まずは自分に見合った勉強法が何かを理解していき、マーケティングの知識を蓄えて今後に活かしていきましょう。

  • 気になる

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

Related Articles関連記事

会員になってみんなのコメントを見よう!
まだ会員でない方はこちら

Intervieweeインタビューイー

Companyこの会社について