marketing career

マーケティングとキャリアをつなぐ総合情報メディア

デザイナーからの挑戦。世界で通用するコミュニケーターを目指して

突撃!となりのマーケター 2019/02/01

今回は、AWPジャパン株式会社の片倉さんへインタビューを行いました。同社は日本ではなかなか聞きなじみがなくても、世界でも有数の保険・金融グループです!
メイクアップアーティスト専門学校卒業からキャリアが始まっているという異色の経歴である片倉さん。どのような経験や出会いが、マーケターとしての片倉さんを形成していったのでしょうか。

各種保険サービスをワールドワイドに展開

――御社の事業内容を教えてください。

片倉さん(以下敬称略)
AWP(アリアンツ・ワールドワイド・パートナーズ)は金融・保険グループ会社で、その日本事業部が弊社です。国によって事業の大きさも異なっていて、グループ全体では自動車やトラベル・レジャー、ホーム関連などの各種アシスタントサービスをワールドワイドで展開しています。
日本では主に、自動車関連の各種保証サービスやコールセンター・BPOを提供しています。例えば旅行先での車両故障が起きた時に、レッカーの手配や緊急時の応急処置、車両の管理、ドライバーの移動手段の手配など、現場での突発的な事故やアクシデントが起こった際のサポートを全面的に行っています。また、ロードサイドアシスタンスだけでなく、トータルで車の販売に関する総合的なサポートサービスも行っています。

――グループ企業とのことですが、どれぐらいの規模の会社なのでしょうか?

片倉
アリアンツグループの本社はドイツにあり、その傘下には保険・金融関連の企業が多く入っていて、年間のグループ総保険売り上げは約16兆円です。例えば日本の損害保険会社を全て合わせた年間の保険総売り上げは約8兆円なので、その2倍を1社で稼いでいるグループですと説明すると規模が分かっていただけるかと思います。

――16兆円!凄く大きな規模の会社なんですね!

片倉
会社の規模に従業員さえも気付けていないですね(笑)弊社はCMを多く打っているわけでもなく、広告看板が多いわけでもないので、アリアンツという会社がどれぐらいの規模なのかという事はあまり認知されていないです。実際にはかなり大きな規模のグループなのだということに社内コミュニケーションを通じてようやく従業員も気付けているのだと思います。

社内の何でも屋として幅広い業務を担当

――マーケティング課で片倉さんはどのような業務を担っているのでしょうか。



片倉
マーケティング課は何でもやる課ですね。「何をやる課ですか?」と聞かれたら何でもやる課ですと答えるようにしています(笑)私が担当しているポジションは「マーケティング&コミュニケーション」です。コミュニケーションには、社内だけでなく、社外も含まれます。一般的な企業であれば社内の広報担当者、社外の広報担当者で分かれていますが、弊社の場合、マーケティング・経営戦略部がそれらの役割も担っていますね。

――社内での役割がすごく広いですね!具体的にはどのような業務があるのでしょうか?


片倉
プロジェクトや経営の動きによって業務の優先順位が変化するので、未経験の業務も多く、日々のタスク管理が大変なポジションです。弊社は2016年10月1日付けで社名を「AWPジャパン株式会社」に変更したのですが、その際の社名変更プロジェクトをマーケティング・経営戦略部が取り仕切りました。会社全体を横断するような全社的なプロジェクトにも取り組んでいます。

また、人事関連の業務も携ります。直近では、本社人事部から採用戦略に伴ってエンプロイヤーブランティングを各地域で展開して欲しいという依頼があり、それを実行する際に上層部とのコミュニケーションが発生します。人事部長やCOO等とコミュニケーションを取りながら、日本での活動内容を整理してアクションを起こします。その際のポスター制作なども私が担当しました。社内の製作会社ですね(笑)それに伴ってWebの管理やWebの更新、動画制作、ライティング業務なども発生します。これらの業務は全てマーケティング・経営戦略部の管轄ですね。

マーケターに求められる人材要件

――まさに社内の何でも屋ですね!アリアンツに入社する以前の片倉さんの経歴について教えてください。

片倉
私はもともとメイクアップアーティストを目指していて、メイクアップアーティストの学校を卒業したのですが、メイクで生計を立てることは難しいと思い、社会人向けのグラフィックデザインの学校に通い2年間勉強して、WEBデザイナーを経た後にWeb制作会社にてWebディレクターとして入社しました。

WEBデザイナー当時はまだWebの黎明期だったので、指示されたデザインを言われたままに形にするだけでWebデザイナーとして通用していたのですが、実務経験を積む中で、裏側のシステムを理解し、サイトの構成案からお客さんとディレクションをしていかなければ、実践的なWebデザインを身に付けることはできないと感じるようになりました。

その後WEB制作会社にてディレクターを担当。クリエイティブチーム制だったので、私の下に5人ぐらいディレクターがおり、その他にデザイナー・コーダー等全体で20名ぐらいのチームでした。多い時では60件ぐらいの案件を抱えていました。お客さんはアパレル関係が多かったですね。そこの制作会社で働いていたのは28歳から31歳までの丸3年間で、そこでの経験が私のスキルのコア部分を作ってくれましたね。

その後は、1つのマーケティングに集中的に取り組みたいと思い、保険会社に入社しました。そこでは、代理店さんとのコミュニケーションやコールセンターの管理、WEBのリニューアルを担当していました。いわゆるクライアントサイドでの仕事は初めてだったのですが、クライアント側に立つことで様々な経験をさせて頂きました。その時に、保険会社に勤めていた上司と付き合いがあり、仕事の話をしていたときにアリアンツに来ないかとお声がけ頂いたのが、現在のアリアンツに入社したきっかけですね。

マーケターに求められるスキル

――マーケターに転職する際に、大変だったことや準備したことはなんですか?

続きはこちらから
まだ会員でない方はこちら
  • 気になる

Related Articles関連記事

この記事を読んだ人は他にもこんな記事を読んでいます

Intervieweeインタビューイー

AWPジャパン株式会社 片倉 亜矢

Companyこの会社について

AWPジャパン株式会社
フランスに本社を置くアリアンツ・パートナーズは、欧州最大手の保険会社アリアンツのグループ企業として、自動車保険・旅行保険・アシスタンスサービス・国際医療保険事業を世界76カ国で展開しています。 世界規模で重ねてきた経験・ノウハウは、さまざまな業界のグローバル展開にも活かされています。 日本国内では、各種アシスタンス・サービス(自動車関連、ホーム関連、トラベル&レジャー関連)、また各種カスタマー・サービス(お客様応対、お客様相談サービス、キャンペーン管理、事務局対応)や商品販売アフターケア・サービス(車両など耐久消費財の延長保証、メンテナンスパック)、各種BPOサービスなどを展開しております。

Special Contentsキャリアアップにつながる