marketing career

マーケティングとキャリアをつなぐ総合情報メディア

たった2か月でキャリアが変わる!BtoBマーケティングが学べるアカデミー

キャリア×マーケ 2018/12/13

皆さんこんにちは。エムエム総研の北村です。
さて今回はBtoBマーケティングが学べるアカデミーについてご紹介させて頂きたいと思います。

BtoBのマーケティングが学べるアカデミー。はて、何を学ぶのでしょうか?
読者の皆さんはBtoBってどんなものかご存知でしょうか?
ビジネスの世界ではよく聞くワードですが意外と知らないこのBtoB、ちょっとおさらいしてみましょう。

BtoBとは何か?

BtoBとは、Business To Businessの略で、企業対企業…すなわち、企業が企業に対して行うビジネスのことを指します。例えば皆さんが会社でお使いのパソコン。
会社員の方であれば、各メーカーのパソコンで日々の業務をこなされているかと思いますが、このパソコンもパソコン業者が企業に対して販売をしているサービスになります。
パソコン業者(B)が企業に対して(toB)行うサービス、すなわち「BtoB」ですね。

そう考えてみると、身の回りにはたくさんのBtoBで溢れていると思いませんか?
マウス、テーブル、イス、ディスプレイ、などなど。
もちろんこれらを「個人的に購入した」のであればBtoBではありません。企業が個人に売ったものになるからです。会社から支給されたのであればBtoBですね。

ちなみに、良くBtoBと対比して使われる言葉にBtoCというものもあります。
これは、Business To Consumer(Customerとも言われる)の略で、企業が一般消費者を顧客とするビジネスのことを指します。皆さんも良くお使いのAmazonや楽天などがこれに当たります。また、コンビニやスーパー、ショッピングモールもBtoCになりますね。

ただ、メーカー(B)が代理店(B)を通じて一般消費者(C)に物を売るような形になると、BtoBtoCなどと言われたりしますが…
今回のテーマと違ってきてしまいますので、この話はまた次回することにします。

BtoB「マーケティング」とは?

BtoBのおさらいが出来てきたのではないかと思いますが、ではBtoBの「マーケティング」とはなんでしょうか?

マーケティングの定義はWikipediaによると以下のように記されています。
---
マーケティング(英: marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。
---

つまり、企業が物やサービスを効率的に売ったり、取引を円滑に進めるために、顧客のニーズや市場の調査を行い、戦略設計、プロセスの構築、宣伝などあらゆる側面から活動を行う市場活動や販売戦略のことを指します

BtoBにおけるこういったマーケティング活動は非常に重要です。
BtoCの場合、マーケティング手法でより多く取り入れられているのは「感情に訴える」というマーケティングです。
よくテレビで、ちょっと物悲しげな音楽とともに「生命保険」のCMが流れたりしますが、あれもまさに感情に訴える系ですね。
「衝動買い」なんていうキーワードがあったりしますが、感情に訴えた結果、衝動的に買ってしまった…という結果に繋がるわけです。

一方BtoBはそうはいきません。
BtoBは一般的に「商材単価」がtoCに比べて高く、購買に至るまでにさまざまな承認フローを得ないとなりません。

「社員→上司→経理→社長」

というように、決済が必要なこともしばしばです。
この決済フローを通すために、マーケティングスキルが重要になってくるんです。

A社員「社長、このサービス使いたいんです!なんか売上が上がるらしいですよ!」
社長「ほぅ…じゃあやってみようか!」

…とはなりませんよね。きっとこの会社は長続きしません。
商材の単価が高ければなおのことです。

では次のように言い換えるとどうでしょう。
A社員「社長、この製品、担当者が言うには導入することでコストが20%も削減され、技術者の作業時間が3時間から10分になるようです」

ほら、なんだか社長を説得できそうな気がしてきませんか?
これは製品メーカーの担当者がA社員に製品の詳細を説明したことにより、A社員の製品に対する知識が補強されたためですね。これもいわゆるマーケティングです。
ひとつのものを売るために、製品の良さだけでなく、その企業が抱える悩みに対して「何を解決できるのか」「どれぐらいの作業時間を短縮できるのか」などのメリットを伝え、購買に繋げるわけですね。

toCの決済は、奥様やパートナーなどの金庫番でしょうか。(ある意味突破は容易ではないですが…)

BtoBマーケティングが学べるアカデミーとは?

さて、BtoBマーケティングが掴めてきたでしょうか。ようやく本題に入りたいと思います。

この前述したBtoBにおけるマーケティングを教えてくれるアカデミーがあったら、興味が沸いてきませんか?
先程のA社員を見てみてもわかるように、BtoBマーケティングを身に付ければ、あなたの発言に「説得力」が増しますし、上司や顧客の納得感も得られ易くなるかもしれません。ひいてはあなたのキャリアを更にアップさせることにも繋がるのです

この「BtoBマーケティングアカデミー」を提供しているエムエム総研は、30年以上前からBtoBマーケティングに着目し、BtoB専門のマーケティングに特化した独自性のビジネスを手がけ、マーケティングノウハウを蓄積してきました。
そして蓄積したノウハウを惜しげもなく詰め込んだ研修プログラムを作成、「40種類以上の講座」と「OJTでの実践」をもとに、約2~3ヶ月ほどの期間でプロのマーケターへと育成していくのが、「BtoBマーケターアカデミー」なのです。

なんだか凄みを感じませんか。充実した研修プログラムがあるなら自分もBtoBマーケターになれるかも?と思っていただけたのではないでしょうか。
でも、「他社のマーケター向けのアカデミーと何が違うんだろう?」と思われた方もいらっしゃるでしょう。
以下の表に、エムエム総研の「BtoBマーケターアカデミー」と他社のマーケター向けアカデミーの待遇や実施内容をまとめましたのでご覧ください。



ご覧いただくとわかるように、エムエム総研のアカデミーは『正社員としてお金を貰いながら勉強できる』、本格的・実践的な研修プログラムなのです。

例えば以下のような学びを得られます。
・メールの開封率・Webサイトの閲覧数など、デジタルツールを用いて顧客の状況を把握
・顧客動向から1社1社の個別戦略を策定
・個別戦略をもとに会話のシナリオを決め、メールや電話を通じた顧客育成
・課題のヒアリングやニーズの発掘、商談に向けた企画提案
・商談を精査し、クライアントのセールスへ最適な形でエスカレーション

どうですか?イメージが湧いてきたでしょうか?
このアカデミーは未経験からの育成を主軸としたプログラム構成になっており、ここの卒業生の多くも最初は未経験でした。

また、前職もさまざまな方がアカデミー生には存在します。
例に挙げると、
・携帯ショップの店長
・アパレル店員
・Webサイトの運営・管理
・スイミング講師
・航空自衛隊
など。
「未経験だから」「興味はあるけど全く別業種だからなぁ」という方でも、このアカデミーを通じてきっと頼れるマーケターへと変貌していくことでしょう。

アカデミー研修後はどうなるの?

研修後は実際の現場でマーケティングノウハウを生かした業務をこなしながら、現場での勤務を待ちます。
クライアントは業種も規模もさまざまで、業務内容もクライアントによっては、幅広い裁量を任されることもあれば、インサイドセールスを起点としたマーケティング施策を担うこともあり、マーケターとして幅広い業種や業務内容を担当して頂きます。

未経験の方は、「いきなりレベルの高い現場に置き去りにされるのでは…」
と心配にもなるでしょう。
そこはご安心を。現場勤務後もエムエム総研の先輩マーケターや講師達が責任をもってサポートし、あなたが現場で自走できるようになるまで並走いたします。

興味を持ったら説明会へ!

もしもこの記事を読んで興味を持っていただけたらのであれば、説明会を随時行っているので、ぜひご参加ください。
あなたもエムエム総研のBtoBマーケティングアカデミーでスキルアップしてBtoBマーケターを目指してみませんか?

関連リンク「突撃!となりのマーケター」

総勢20名以上の「マーケターインタビュー」も掲載してます!是非ご覧ください!

  • 気になる
会員になってみんなのコメントを見よう!
まだ会員でない方はこちら

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

Related Articles関連記事

Intervieweeインタビューイー

Companyこの会社について

Special Contentsキャリアアップにつながる