marketing career

マーケティングとキャリアをつなぐ総合情報メディア

転職することは逃げ? 転職をする前に考えておきたい大事なこと

キャリア×マーケ 2019/11/06

働き方改革の影響で、自身のキャリアを見つめ、キャリアアップ・スキルアップのために転職を目指す方が増えてきました。従来では、新卒で入社した会社に定年まで勤めあげることが正しいとされていましたが、少しずつ働き方に対する考え方が変化してきたようです。若者や若手と呼ばれる方でも転職を目指す方は増えてきています。

転職を目指すのはキャリアアップのためだけではありません。今の会社に全く不満がなければキャリアアップのためだけに転職を行う人は少数でしょう。転職を志す多くの人は、職場での上司との人間関係をはじめとして仕事内容など、何かしらの不満を抱えている人がほとんどです。転職を決意すると目の前がパッと明るくなり、そのことしか考えられなくなりがちですが、リスクがないわけではありません。

この記事では「逃げの転職」と呼ばれるものが転職する上で不利になるのかといったことや、転職を決意する前に考えておきたいことについて解説しています。これから転職しようと考えている方に参考になるはずです。

逃げの転職とは?



新卒で会社に入ったら「まずは3年」という言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。転職をする動機には大きく分けて「自分を成長させたい」といったポジティブなものと、「上司や同僚の職場の人間関係に疲れた」「仕事が面白くない」などのネガティブなものの2種類があります。転職の動機がネガティブなものは「逃げの転職」と呼ばれることがあります。

ネガティブをポジティブに言い換える

ネガティブな理由がきっかけで転職をしようとする「逃げの転職」は、面接などの転職試験で不利になる。と言われることがあります。それが真実であるかどうかは、自分が面接官の立場になるとイメージがしやすいでしょう。

「今の仕事が面白くないから、責任のある仕事がしたい」とアピールされても、面接官であるあなたの心には響かないはず。きっと「能力がないから責任のある仕事が任されなかったのではないか」「仕事に対する忍耐力が足りないのではないか」と思うはずです。ネガティブな理由での転職は、たしかに不利な面がありそうです。

とはいえ、ネガティブな理由だからすべてダメ、なわけでもありません。たとえばブラック企業に勤めていて、休みがなく残業代も支給されない、このまま仕事を続けても身体を壊してしまう恐れがある、といったものなら全く問題ないといえます。誰の目にも明らかなブラック企業なのに、「ブラックだからといってすぐに辞めてしまうのはどうか」と判断される会社であればその会社も多少なりともブラックな部分があるのかもしれません。そういった企業に無理をして転職する必要はないでしょう。

逃げの転職でも転職は可能

逃げの転職が、転職に不利なところがあるといっても、多くの転職者は「逃げの転職」を成功させています。これには面接ならではテクニックが隠れています。たとえば面接で短所を聞かれたときに、単純に「忘れっぽいところがある」ではなく、「忘れっぽいので必ずメモを取るようにしています」などと、どのようにフォローしているかも添えることでアピールにつなげるといった話し方をした方がよいと聞いたことがある方も多いでしょう。ネガティブな理由で転職をしたい場合にも、これと同様にプラスの言い方に変換して話せば、悪い印象を持たれることはありません。

給料が少ないといった不満があるなら、評価基準がはっきりしている会社で働きたいと変換、人間関係の不満があるならチームワーク重視の仕事、役割分担が明確な仕事などと言い換えればよいでしょう。言い回しや面接の対策は、転職エージェントや転職コンサルタントに相談するのがおすすめです。業界や職種を見据えて、失敗のない適正な履歴書や職務経歴書の書き方の悩みにもアドバイスをもらえるはずです。

現職を辞める前に準備しておきたいこと

ネガティブな理由で転職をしようと思ったとき、転職を決意すると一刻も早く今の会社を辞めたくなります。しかし転職をするからには当然転職先を考える必要があります。勢いで退職しても、すぐに転職先が見つからなければ焦りや不安ばかりが募ることになります。転職をするならそれなりに覚悟も必要。ここからは転職を決意する前の準備段階に重要なことをご紹介します。

転職をすることでプラスになるかを考え直す

不満から抜け出すための転職は、今の会社を退職すること自体が目的ではありません。不満を解消できるような会社に転職して初めて成功と言えます。ネガティブな理由であっても構わないので、転職をすることを後悔しないかは自分に問いかけておくとよいでしょう。転職したら、自分が思っていたビジョンと違うという点が必ず見えてきます。その際に転職しなければよかったなどと思うことがないように辞める理由を明確にしておくのがおすすめです。

その際には「この会社にいたらダメになる」や、「新しい会社の方が自分にとって得だ」とか、「辞めることのメリットはこんなに大きい」などの気持ちが指標になるでしょう。好き嫌いや転職に伴うさまざまな要素を総合的に考えて、今より悪いところはないと思えるのなら構いません。転職しても後悔することはないはずです。

会社を辞めずに転職活動をする

転職する気持ちが固まればすぐにでも自分の時間を転職活動に思いっきり使いたいと思うでしょうが、それは我慢した方がが良いでしょう。なぜなら転職活動は何カ月もかかる長期戦になる可能性もあるからです。長期化することで焦りが生まれますし、金銭的にも不安が募るでしょう。

また、期間が空くと面接の際にも説明がしづらくなります。しかし、今の会社を辞めずに転職活動をすれば、金銭的な不安をすることはなくなります。妥協のない転職活動のためにも、転職先が決まるまでは今の会社に所属することをおすすめします。

転職は人生の転機です。転職にあたって周りに相談をすると、大手に勤めているのにとか公務員だからもったいないなどと言われることもあるでしょう。もちろんそれらも考慮すべきではあります。しかし実際に働くのは自分です。周りに流されず自分にとって後悔のない働き方をしてください。

  • 気になる

Downloadダウンロード資料

マーケタースキル診断

マーケティングディスカバリー

Related Articles関連記事

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

Intervieweeインタビューイー

Companyこの会社について


「いいね!」してマーキャリの最新情報をチェック!