marketing career

マーケティングとキャリアをつなぐ総合情報メディア

Webマーケターは副業で稼げる? スキルアップにもなる副業の始め方をご紹介!

キャリア×マーケ 2019/10/09

企業がマーケティングを行う上で、柱の1つとなるWebマーケティング。自社のWebサイトなどを通して顧客流入のための施策を講じるのがWebマーケターの仕事です。企業の販売戦略を担うマーケティング部門において、Webサイトを専門とするWebマーケターは、まだまだ新しい職種で副業としての求人案件も多いです。

この記事では現在Webマーケターとして活動している方に向けて、副業の始め方とその特徴をご紹介しています。収入面だけでなく自身のスキルアップともなる副業を行うことでWebマーケターとしてさらなるキャリアアップを図ることもできますよ。

副業市場におけるWebマーケターに求められること



Webマーケターとは、キーワード検索における上位表示や、サイトの充実を図って離脱率を減少させる、リスティング広告などのWeb広告を実施するのが役割です。そのため副業市場でWebマーケターとして活動していくのなら、上記のような知識を持っていることが前提となります。

副業内容は、アクセス解析やSEO対策などさまざまですが、同じWeb領域を主軸とするデジタルマーケターのように、SNSの運用を求められることもあります。企業によって求められることがさまざまですので、マーケティング全般の基本的な知識は身につけておく必要があるでしょう。

副業をする上で重要なこと

働き方改革が話題となり、少しずつ副業推進の流れが大きくなってきました。大きな会社であっても将来どうなるか分からないのが現代です。そのため、自身の市場価値を高めるために行う副業には大きな意味があると言えるでしょう。

しかし、「副業」とはいえ仕事である以上は責任があることは忘れてはいけません。単純にお金を稼ぐために行うのか、自身のスキルアップのために行うのか、副業をする目的はあらかじめはっきりとさせておく必要があります。仮に、収入アップのためならば時間を使って収入を増やすよりは、支出を見直すことの方が先決であることも多いです。この記事では、「スキルアップを図る」ことを前提とした副業の仕方についてご紹介していきます。

Webマーケターは副業しやすい



Webマーケターがまだまだ新しい職種であることと、常に進化を続けている分野であることから、Webマーケターは慢性的に人材不足です。そのため、Webマーケティングの知識を活かした副業の求人や案件は少なくありません。企業によってはマーケティングの専門部署を設けていないことも多いので、そのような企業にコンサルタントのようなかたちで参加するといった求人もあります。

また、Webマーケターが副業しやすい理由としては求人市場以外にも、ネット完結が可能であることが挙げられます。休みの日に出勤するとなるとどうしてもシフトが組みづらいなど、時間をとられてしまって休みを活かすことが難しくなります。完全にリモートでできる副業案件も多いので、そのような案件なら時間を有効活用することが可能です。

Webマーケターとして独立を目指すならまずが副業から

今後起業やフリーランスとしての活動を考えているのなら、本業を続けながら副業を始めるのがおすすめです。自身のスキルアップはもちろんのこと、他社の案件に関わることで実績作りができるからです。本業の業種とは違う企業で副業を行うことで、新たな知識や経験を得ることができます。

Webマーケターの副業の始めかた



自身のスキルアップを目指すことを前提とするのなら、広告運用やアクセス解析以外の関連業務を経験することは決して遠回りではありません。たとえば一見関係のないように思えるWebライターなどのライティング業務にも、SEOを意識したライティングや、ランディングページの作成といったWebマーケティングに関わるものがあります。

副業を探す場合には、「Webマーケター」という言葉だけに捉われず、広い視野で探すことをおすすめします。具体的な副業の始めかたをいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

クラウドソーシングサービスを利用する

家にいながらお小遣い稼ぎに在宅ワークを行いたい主婦の方などが利用しているイメージが強いかもしれませんが、クラウドソーシングサービスで収入アップ・スキルアップを図ることは十分に可能です。

仕事を始める流れとしては、サイトに登録したあと企業や個人から出されている案件への応募をし、マッチングすれば相手から依頼がくるといったものになります。基本的には案件ごとに募集が分かれているので、単発でいろいろな仕事がしたい際にはぴったりです。自身のサービスの料金を決めて、いくらで受けますといったサービスの出品をすることも可能です。基本的にはリモートワークで完結するので自分のペースで行えます。副業として始めるにはおすすめのものです。

副業向けエージェントを利用する

近年では転職の際に、企業との間に入ってくれるエージェントを活用することが一般的になってきました。それと同様に副業をしたい方やフリーランスとして活動したい方向けのエージェントもありますので利用するのも1つの手段と言えます。企業からははっきりと募集要項や出勤日などが提示されますので、自身の条件に合わせて副業を探しやすいというメリットがありますし、エージェントが仲介してくれるのでトラブルが起きづらいです。

基本的には経験豊かなプロフェッショナル向けの案件が多くなるので、単価が高いことも大きな特徴と言えます。ただ、エージェントや企業との面談を行うことになるので、仕事の開始までは少し時間がかかります。スピード感は求めず、じっくりと仕事を探したい場合におすすめだと言えます。十分に経験を積んで独立したあとに、事業が落ち着くまでの収入源として利用する方も多いです。

副業には、人づてに紹介してもらうなど今回ご紹介したもの以外にもたくさんのものがあります。それぞれに特徴やメリット・デメリットがありますので自分にあったものを選択してくださいね。

  • 気になる

Downloadダウンロード資料

Related Articles関連記事

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

Intervieweeインタビューイー

Companyこの会社について


「いいね!」してマーキャリの最新情報をチェック!