marketing career

マーケティングとキャリアをつなぐ総合情報メディア

マーケティングに資格は必要? 取得するならオススメの資格はコレ!

スキル×マーケ 2019/09/11

企業が売上を上げ、発展を続けていくために重要なマーケティング。それを行うマーケターと呼ばれるマーケティング職は、ネットやSNSなどが盛んになるにつれ、ますます重要な役割を担うようになっています。マーケティング職の役割も企業によって千差万別で、マーケティング職を設けず営業職が行うケースも多いです。この記事では、これから就職や転職でマーケティング職を目指す方や、なりたての方に向けて「マーケティングとはなにか」「マーケターに資格は必要か」という基本的なところから解説しています。ぜひ、参考にしてください。

マーケティングってどんな仕事?



資格について述べる前にまずは「マーケティングとは何か」について確認しておきましょう。担当する業務の幅が広いことから、マーケティングの仕事について一言で説明するのは難しいと考えている方も多いのではないでしょうか。未経験の方ならなんとなく「市場調査のこと」と考えている方も多いはずです。日常的に使う言葉ではないので、職種が違えば自社内にマーケティング部門があっても、はっきりとどんな仕事をしているか分からないかもしれませんね。

マーケティングとは、企業が抱える顧客(消費者)やその市場を分析して、顧客が潜在的に求める欲求を探り出すことで既存顧客の満足度向上や新たな顧客の獲得につなげる活動のことです。もう少し簡潔に言えば「誰に何をどのように販売するか」について戦略を練る部門だといえます。

キーワードは「欲求を探る」ということ。どんなによい商品やお得な商品、今までになかったものであったとしてもニーズがなければ販売につながりません。顧客がどんな商品を求めているかを分析することで売上が予測でき、初めて商品化することができます。

マーケティングとは、調査することだけではなく、商品の販売に至るまでの企業戦略だと考えるとよいでしょう。たとえば認知度を高めるために行う広報や広告宣伝は、企業の売上につなげる戦略の1つです。つまりは広報や広告もマーケティング活動の一部と言えるでしょう。他には商品の展示会やイベントへの出展などの販売促進活動も、マーケティングの一部です。

活躍中の人には資格取得はあまり意味がない

マーケティングに関わる資格はたくさんありますが、現役バリバリのマーケターが新たに資格を取る必要性は高くはありません。マーケティングの仕事内容は販売戦略という広い範囲に渡ります。企業によって求められることが全く異なるため、資格の知識が仕事に直結しづらいですし、資格の内容もすでに知っている情報の確認にとどまってしまうことも多いでしょう。現在知識不足を感じているなどがなければ、資格を取ることは必須ではないと言えます。

もし、資格を取りたいというのなら目的をはっきりとさせるのが重要です。自身が担っていない広い範囲での知識を身につけたい場合や、仕事上の問題はないが、資格の勉強をすることで自分に足りない部分を発見したいなどといった場合には、資格取得を狙う価値があるでしょう。

これからマーケターを目指す人に資格は役立つ

それでは、未経験の方やマーケターになりたての方が資格を取得することについてそれぞれ解説していきます。

マーケティング未経験の場合

未経験からマーケティング職を目指す場合、転職市場ではマーケティング職は未経験可の求人は多くないことを知っておきましょう。それはマーケティングの重要性にあります。企業の戦略の根幹に関わってくる業務なので、基本的には営業職や広報、企画職などさまざまな分野での経験を経て初めてマーケティング職に配属されることが多いからです。転職で未経験からマーケターを狙う場合には、マーケティングの資格を取得していればアピールポイントになるでしょう。

これからマーケターを目指すのなら、資格取得には知識を学ぶためにも重要な意味があると言えます。これは新卒の大学生がマーケティング職への就職を目指す場合でも同じで、マーケティング職の仕事の内容を知る上でも大いに役立つでしょう。

異動でマーケティング職になったばかりの場合

マーケティング部門に配属されたばかりで、詳しい内容が分からないといった場合にも、資格取得は業務に活かせると言えます。知識は実際の業務でも覚えられますが、よりスピードアップを図るためにも資格取得が役立ちます。また広い分野を扱う職場で働いている場合は、あまり使わない知識もありますので、マーケティング部門全体の知識を得るためにも有意義です。

クライアントに専門用語で質問を受けた場合など、何のことか分からないことがあってはなりません。実際に社外で取引先の方と話す機会があるのなら、知識を身につけるための資格取得は重要だと言えます。

また、企業内でもマーケターによって担当分野が異なる場合などにも、資格の勉強で知識を身につけることで、同僚とも共通言語で会話がしやすくなるでしょう。

マーケティングに関わる資格・検定

ここからは、マーケティング関連の資格のうち主なものをいくつかピックアップして紹介します。それぞれに特徴がありますので、自分の立場や状況に応じて選んでください。

Webアナリスト検定

出典:Webアナリスト検定

Googleが提供する「Googleアナリティクス」というアクセス解析ツールの使い方を学び、実務に活かしたいときに役立つ資格です。マーケティング職になりたての場合は、サイトの解析から始めることが多いですので、近々の業務に直結する内容となります。

単純にツールの使い方やデータの読み方だけでなく、データをもとにどこに課題があるのかといったところまで分析する力を養います。すぐに使える知識なので、実務的にも有用です。Googleアナリティクスは使わない方が珍しいほどですので、最低限の知識として抑えておきたいところです。

ネットマーケティング検定

出典:ネットマーケティング検定

インターネットマーケティングに関わる基礎知識全般が問われ、レベルは比較的易しいです。SEOやSEM(検索エンジンマーケティング)の知識をゼロから得たい人向けの内容です。ネットを利用した集客やプロモーション手法などを身につけるための基本が学べます。

マーケティング・ビジネス実務検定

出典:マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティング知識を総合的に学べる検定です。C級・B級・A級の3つの級に分かれており、C級で基礎知識を、B級でマーケティングの運用に関する知識を学びます。C級とB級が初心者向けのものとなっています。

特定の職業、業種などにとらわれない共有のマーケティングの実務知識が学べるので、ゼロからのスタートで全く知識がない場合は、まずはこれを目指すとよいでしょう。

プロモーショナル・マーケター認証資格

出典:プロモーショナル・マーケター認証資格

セールス・プロモーション、つまり販売促進に特化した認証資格です。顧客となるターゲット層を購買行動へ移すための動機づけの仕組みにフォーカスして学習することができます。マーケティングの役割は、最終的には商品の購入につなげることですので、これを学習することでマーケティングを行う上で重要な知識が得られるでしょう。

プロモーション戦略の設計や開発、メディアやツールの制作が試験科目で、知識試験と実技試験の2部構成となっています。

IMA検定

出典:IMA検定

インターネットを活用した実務スキルを身につけるもので、初心者向けのStandardコースとProfessionalコースの2つがあります。インターネット広告やFacebook広告の活用手法などの知識が身につけられます。

未経験であればどの資格も勉強になる部分が大いにあるでしょう。自身の目的に合わせて資格取得をして、自身の業務に活かしてみてください。

  • 気になる

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

Related Articles関連記事

会員になってみんなのコメントを見よう!
まだ会員でない方はこちら

Intervieweeインタビューイー

Companyこの会社について