marketing career

マーケティングとキャリアをつなぐ総合情報メディア

企画職に就くのに有利な資格とは?働きながらのステップアップにも使える資格を紹介!

スキル×マーケ 2019/06/03

企業の戦略に携わる企画職は、新卒・中途を問わず人気の職種です。中途の場合は、経験者採用のところが多く企画職未経験で応募できる企業は多くありません。そのため、応募が集中することも多いです。この記事では、企画職として働いていこうと考えている人に向けて、就職活動で有利になる資格についてご紹介します。すでに企画職に就いている人でも、参考になる内容になっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

企画職ってどんな仕事



イメージとしては持っていても、企画職が具体的にどういった仕事をするのかはご存じでしょうか。資格について説明する前に、企画職の仕事内容についてご紹介していきます。仕事内容をはっきりと認識することで、後述する資格がどういった場面で活きてくるのかをつかむことができます。

営業企画

企画職には大きく分けて「商品企画」と「営業企画」があります。いわゆる企画職というと「商品企画」を指すことが多いのですが、混同しないように先に「営業企画」についてご紹介します。
営業企画とは、「営業方法を企画する」のが業務内容です。もう少し具体的に言うと、「商品がどうすれば売れるか」という作戦を企画するということです。

新しいサービスや商品を考えるのではなく、出来上がったものを売る手法を考えるのが仕事の内容となります。商品パンフレットの作成や、チラシなどの営業ツールの作成が営業企画の主な仕事です。実際に、現場でモノを売る営業は行いませんが、営業職を経験した人間が営業企画職になることが多いです。
現場の営業職との接点も多いので、単純に商品の魅力を伝えるパンフレットやチラシ、営業トークなどを考えるだけではなく、「営業職側からして使いやすい」ものを作ることも重要になります。

商品企画

商品企画職の仕事は、その名称の通り「新たな商品を企画する」というものです。そのため、市場では何が求められているか、という市場調査の部分から担当することが多いです。単純によいものを作れば売れるという時代ではないため、いかに市場や顧客の見えないニーズをつかむかが重要になってきます。価格や販売コストなども試算した上で、どれほどの売上を上げられるかということまでも企画書に盛り込んで経営陣にプレゼンする必要がありますので、「アイデア」を発想する能力以外にも、幅広い分野での知識と能力が求められます。

他部署との連携も多いので、コミュニケーション能力も重要です。アイデアをいくつも思いついても、実際に形になるのは数十から数百にひとつということも珍しくありません。一つの企画にこだわりすぎるのではなく、都度切り替えてたくさんの企画を提出することが求められます。自分にとって自信があるものを否定されることもありますが、その逆もあるのが企画のおもしろいところです。

企画職として働くのに有利な資格

ここからはいよいよ、企画職として働くうえで役立つ資格についてご紹介していきます。特に未経験から企画職への転職を狙う場合には抑えておくとよいでしょう。

ビジネスキャリア検定

一般社団法人「中央職業能力開発協会」が実施する検定です。「3級」「2級」「1級」の3つの区分があります。ビジネスキャリア検定の特徴は広い分野から自身が目指すものを選んで試験が受けられるというところにあります。

受験分野は人事・経理・営業・生産管理・法務・ロジスティック・経営情報システム・経営戦略と8分野あります。企画職を目指すなら営業分野から「マーケティング」という試験科目を選ぶのが一般的です。3級の人気が高く、レベルとして実務経験3年程度で係長・リーダー職レベルとなっています。どの級からでも受験可能ですが、まずは3級を目指すとよいでしょう。

販路コーディネーター

「日本販路コーディネータ協会」が認定する資格です。マーケティングの理論と実践についての能力が身に付きます。資金調達に関する経営支援・市場調査・商品開発・商品企画・販路開発・販売戦略立案・販売促進ツール制作と、企画職に必要な知識を総合的に身につけられるので、企画職として企業で働く、もしくはコンサルタントとして活動していくならチェックしておきたい資格といえます。

商品プランナー

「日本商品開発士会」が認定する資格です。商品を企画する・広める・改善するためにはどうすればよいのかという基礎知識を研修で学ぶことができます。さらに上位の資格として「商品開発士」「商品開発コーディネーター」があります。

資格は判断材料の1つ 資格取得にこだわりすぎない

特に未経験から企画職への転職を狙う場合、今回紹介したような資格はアピールポイントとなるでしょう。しかし、就職活動において資格や経験というのは、判断材料の1つに過ぎないということは忘れてはいけません。極端な話、今回紹介した資格を全て取得したからといって、企画職への転職がゆるぎないものになるというわけではないことは、しっかりと認識しておく必要があります。

経験や能力、資格だけで採用が決まるのなら、書類選考で事足りるはずです。しかし、全ての就職・採用試験には面接がありますよね。人事が見極めたいのは、志望者の能力だけではなく、「一緒に働きたい人間かどうか」ということも含まれているということは忘れてはいけません。資格を取得してから応募するのもよいですが、たとえ勉強中であったとしても企画職として働いていきたいというアピールにはなるはずです。資格取得にこだわり過ぎず、なぜその会社で働きたいのかといった志望動機をおろそかにすることがないようにしてくださいね。

  • 気になる
会員になってみんなのコメントを見よう!
まだ会員でない方はこちら

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

Related Articles関連記事

Intervieweeインタビューイー

Companyこの会社について

Special Contentsキャリアアップにつながる