marketing career

マーケティングとキャリアをつなぐ総合情報メディア

マーケターの成功体験、そのスキルはここで役に立つ

キャリア×マーケ 2018/09/03

こんにちは、橋本です!

近年マーケティングは盛り上がりの一途ですね。わたしの周りでも、去年までは営業がマーケティング機能を兼任していたのに、今年からマーケティング部が新設された!といった話を聞くことが多くなりました。これからますます右肩上がりの成長が見込まれる『BtoBマーケティング』という市場。

しかし、皆さん、ご存知ですか?

市場の盛り上がりの一方で、マーケター不足が発生しているんです。そりゃそうですよね。今まで営業一本でやってきた会社がほとんどの中で、営業ノウハウはたくさんあっても、マーケティングノウハウはない。マーケティングに取り組むにはマーケターを採用する必要がある。

でも世の中も同じ状況で、マーケティング経験者が非常に少ない…

だからこそ、今がマーケターとして転職するチャンスでもあるんです。一方で、世の中には「マーケティングの仕事って専門性が高くて、経験がないとマーケター職での就職は出来ない…」というイメージがあるようです。

今回の記事は、「マーケター転職に『マーケター経験』は必要ない!」というお話です。

マーケターの仕事って何だろう?

マーケターの仕事は、すでに他の記事(『マーケターへの転職を成功させるためのコツ』)でも言及した通りです。

---------------------
マーケティング活動を実際に行っている企業にとって、マーケターに任せたい仕事は
実は非常にシンプルです。

ー 自社商品に愛を持ち、顧客にどうすれば価値が伝わるかを必死に考え自らの言葉で言語化する
ー 言語化したメッセージを、最適な手段、予算を検討し、企画する
ー 企画した活動内容を関係各所へプレゼンテーションを行い、承認を獲得する
ー 実行成果を常に監視し、課題を捉え継続的に活動の質を高めていく
---------------------

つまり、マーケターに必要なのは、
①自社の製品やサービスを愛し、その顧客を理解してくれているか。
② 関係各所とのコミュニケーションやプレゼンテーション能力
③ PDCAをやり抜く力(実行力、問題発見能力など)
という3つのスキル。

こうして見ると、他の仕事でも身に着けられるスキルだと思いませんか?

あなたもすでに持っている!マーケタースキル

たとえばあなたが今営業職なら、設定した目標売上額/利益額を達成するために必要なアクションプランと、その活動によって得られる見込み額を算出しますよね。

そしてそれに基づき営業活動を行う。途中途中で実施結果を振り返り、実際に予定通りアクションをしたけど想定通りの金額を創出できているか確認をしていく。そこで、商談率30%を目標にしていたけど実際が20%にとどまっていたとする。そしたら、商談率を10%引き上げるか、商談率20%でも目標達成できるようアクションの量を増やすか、いずれかの取り組みを検討する、ということをやっているのではないでしょうか。

それってPDCAを回し、やり抜いているということ!

サービスを愛し、顧客理解を深める、に関してもそうです。今や製品のコモディティ化が進み、他の製品と比べた時の機能、性能だけの差別化はつけづらくなってきています。それをどう顧客にとって価値のあるものだと感じさせるか、というニーズへの合致とメッセージングがマーケティングには非常に大切になってきますが、同じことを営業活動の中で実施してる人も多いのではないでしょうか。

顧客一人一人の課題とニーズをヒアリングし、それを解決できる、より良い状態にしていけるのがこの製品だ!という営業をしていれば、このスキルもまた、すでにあなたの身についている状態です。

そして、コミュニケーションやプレゼンテーション能力。これも同じことが言えます。

コミュニケーション、プレゼンテーションに大切なのは、受け手にとってどう伝わるのか、どう伝わってほしいのか考えた上で伝え方を決めること。日々のコミュニケーションのすべてをプレゼンテーションだと捉え、実践していくことで、短期間で急成長させることが可能なスキルです。今は営業職を例にしましたが、他の職種でも同じことが言えます。

重要なのは、今の仕事を通してマーケタースキルを育てることは十分可能で、何を工夫してスキルを育てて行こうか考え、実行すること

それによって、職歴に『マーケター』と書くことは出来なくても、マーケティング視点を醸造し、企業に「マーケターとしてのポテンシャルが十分にある人材だ」と思わせることが可能です。

あなたも今日からマーケティングスキルを育てて行きましょう!

  • 気になる
コメントを書くにはこちらから
まだ会員でない方はこちら

Related Articles関連記事

Categoryカテゴリー別記事

Special Contentsキャリアアップにつながる