marketing career

マーケティングとキャリアをつなぐ総合情報メディア

企画職になるためのキャリアプランを徹底解説!未経験から企画職になるには?

キャリア×マーケ 2019/05/17

クリエイティブなイメージの強い「企画職」。新たな商品を提案したり、売り上げ達成のための施策を考えたりというアイデアマンのような業務を担当するというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。この記事では、企画職が実際にはどのような仕事をしているのか、また、未経験から企画職に就くためにはどのような方法があるのかをご紹介していきます。

企画職ってそもそもどんな仕事?



職種の呼び方は企業によって異なることもありますが、企画職は大きく分けて「商品企画」と「営業企画」の2つに分類されます。
まずは、それぞれの違いについて説明していきます。

商品企画の仕事内容

企画という言葉のイメージに近いのは商品企画です。商品企画職とは会社の新しい商品やサービスを考えて開発したり、既にあるサービスを改良したりするのが仕事です。
単純に「こんな商品を売りたい」という提案だけではなく、なぜそれを作るのか、作ったとして売上は立てられるのかといったものも提案内容には必要です。そのため市場調査なども商品企画職の業務内容に組み込まれていることが多いです。

たとえば「新しいお菓子を販売する」という課題があるとしたら、1つのお菓子だけでなく複数のお菓子のアイデア出した上でそれぞれの価格や販売コスト、販売戦力などをまとめた企画書を作ります。実際に提案されたものを作るかどうかは、企画職ではなく経営陣の裁量となりますので、企画の提出先は経営陣です。営業職が顧客に対してプレゼンを行うように、企画職は経営陣に対して資料をもとにプレゼンを行うことになります。
1つの商品をチーム単位で担当する場合や、複数のチームが1つの商品を役割分担しながら開発していくという場合もあります。

営業企画の仕事内容

営業企画は、新たなサービスや商品を開発することではなく、「すでにある商品を、どうすれば売ることができるか」という戦略を立てることが主な役割です。商品を売るために営業用のパンフレットを作成したり、キャンペーンを立ち上げたりするのが具体的な業務となります。こちらも商品企画と同様、プレゼン相手は経営陣です。

商品企画も営業企画も、アイデアの立案を行う職種ですが、企業によっては市場調査や広告宣伝まで担当することもあります。

企画職に新卒や未経験でもなれる?



どんなサービスを売るか、どうやって売るかという企業の戦略を考えるのが企画職の役割です。そのため、業界の知識は、広い範囲で身につけておく必要があります。企画にコストをかけて実行しても、失敗するとそのまま企業の経営にダメージを与えることになるので、責任重大なポジションであると言えます。そのため、全くの未経験から企画職になるのは、難しいでしょう。新卒などで企画職を募集しているところもありますが、新卒の場合は、色んな職種で経験を積んでからの配属となるのが一般的です

他の職種でキャリアを積むのが一般的

商品企画であれば、どんな商品が売れるのかというアイデアを出すことになるので、マーケティング部門に関する情報の分析は欠かすことができません。そのため商品企画であれば、市場調査などを行う部署を経験してから商品企画職になるという流れがあります。

営業企画職の場合は、出来上がった商品をどのようにしてたくさん売るか、というアイデアを出すことになります。キャンペーンや営業資料などを作っていくことになるのですが、企画職が直接クライアントに営業をかけるわけではありません。そのため、「どう売るか」というだけでなく、「どうすれば営業職がこの商品を売りやすいか」ということも考える必要があります。現場の声なども反映させて、資料やキャンペーンを立案していくので営業企画職は、実際に営業職を経験してからの配属が通常です。

企画職になるために必要なこと

基本的には関連部署を経験してからの配属となる企画職ですが、企画職を目指すなら必要な心掛けはいくつかあります。特に未経験から企画職に転職を考える場合には、面接の場で先方に「企画できそうだな」と思ってもらえる必要があります。多くは即戦力を求められるのがキャリア採用ですから、普段から企画力を高めるための行動をしていきましょう。

周りに敏感になる

「アンテナを張る」と表現されることが多いですが、日常の業務のなかだけでなく生活においても周りに敏感になりましょう。商品企画において必要なのは「売れる商品を考えること」です。ものが良いというだけでは、売ることができません。業界のトレンドや求められているものは何かということを常に思考しておきましょう。

例えば、普段の生活での買い物において、「なぜこの商品は売れているのか」ということを予測してみましょう。その際に「今までになかったから」とだけで片づけず、商品がどういう層をターゲットにしているのか、どこが新しく差別化できているのかなどを考えてみるといったトレーニングを日頃から行うのがおすすめです。
今働いている企業において、企画職を目指すなら業務における効率化などをどんどんと提案していくことで周りにアピールをしていくことも重要です。新しいアイデアが出せるようなら、人事などに目を留めてもらえるかもしれませんよね。

企画職の求人は多い?少ない?

転職市場における企画職の求人は多いです。新しいアイデアや柔軟な発想が求められるので、他業種であっても問題はないでしょうが、職種未経験の求人は多くなく、基本は経験者採用となります。
マーケティング職など、関連部門の経験があっても応募できないという企業も多いので、企画職を希望するなら転職エージェントなどを利用した方がよいでしょう。
企画職になるには、アイデア力だけでなく広い範囲での知識や分析力も必要です。普段の業務にもアイデアや気づきのチャンスはたくさんあるはず。ぜひ企画職になったつもりで行動をしていきましょう。

  • 気になる
会員になってみんなのコメントを見よう!
まだ会員でない方はこちら

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

Related Articles関連記事

Intervieweeインタビューイー

Companyこの会社について

Special Contentsキャリアアップにつながる