marketing career

マーケティングとキャリアをつなぐ総合情報メディア

マーケターの集まりを選ぶコツ・参加するメリットを紹介!

スキル×マーケ 2019/03/22

マーケターの集まりは、日本でも開催されています。とくに、東京や大阪などの都市部では開催頻度が多いです。マーケティングに携わっている(携わろうとしている)人のなかには、集まりに参加するつもりの人もいるでしょう。確かにマーケターが集まるイベントに参加すると、たくさんのメリットがあります。しかし、イベントのなかには質の悪い集まりも見受けられます。どうせなら、質の良いイベントに参加したいですよね?ここではマーケターのイベント・交流会に参加するメリットを載せつつ、質の良い集まりに参加する秘訣を紹介していきます。

マーケターのイベント・交流会のメリット

はじめに、マーケターのイベントや交流会などの集まりに参加するメリットを4つ紹介します。

社外の人と情報交換が出来る

マーケターのイベントには、社外の人が集まるため、いろいろな情報を交換できます。場合によっては有名なマーケターと1対1で話せるチャンスもあり、貴重な時間を過ごせるかもしれません。さらに、SNSやチラシ・広告・コンテンツマーケティングなど、あらゆる分野の情報を知れば、自身のビジネスに役立てることも可能です。

社外の人と情報交換した内容を自社の事業に活かしただけで、商品の売上が上がることもあります。なかには、マーケター向けのセミナー開催情報を紹介してくれる人もいて、新たな学び場を発見できるかもしれません。新しい情報を仕入れて業務に落とし込みたい人は、紹介されたセミナーに参加するのもアリです。ただし、悪質な高額セミナーを紹介される恐れもあるため、参加すべきセミナーか見極めることをお忘れなく。

外部と触れ合うことで刺激になる

自身の仕事でマンネリを起こしている人は、社外の人と触れ合うことで仕事の活力が生まれる可能性もあります。仕事に飽きを感じていた状況が払拭されて、仕事のモチベーションが高まり、新しい感性が芽生えたり目標達成できたりするかもしれません。また、外部の刺激を受ければ今まで持っていなかった感性が芽生えて、楽しいマーケター生活を送れる場合があります。イベント会場で社外の人と会話(議論)し合えば、自身が持っていなかった考えを聞くことができて仕事のレベルアップにつながるケースもあるため、外部の人と積極的にやり取りすることをおすすめします。

人脈を広げることが出来る

イベントでは名刺交換をする機会が多いため、マーケターとのつながりを増やしやすいです。名刺交換をしなくても、SNSで新たなつながりをつくれます。また、イベントでつながった人に知人や取引先を紹介してもらえれば、さらに人脈が広がるため新たな仕事につながるかもしれません。プライベートやビジネスを充実させたい人は、いろいろなマーケターと知り合い情報交換できる相手を増やすと良いでしょう。

これからのマーケティングについて話し合える

マーケターが多く集まるイベントであれば、マーケティングに関する知識を持っている人も多いため、マーケティングの今後について参加者同士で話し合えます。しかもマーケティングには答えがありませんので、長時間会話を楽しみたい人にピッタリなテーマです。Web業界の方向性やマーケティングの分析方法について話し合い続ければ、新たなヒントが見つかって自社商品の売上アップにつながる可能性があります。マーケターのなかには自社の進むビジョンを把握しており、今後どのようなビジネスが流行りそうか見当を付けている人もいますので、そのような人を見つけてマーケティング事情をつかみましょう!

マーケターの集まりで注意する点



マーケターが集まるイベントに何でも参加すれば良いわけではありません。では、集まりに参加する際の注意点を紹介します。イベント・交流会の場を活かすためにも覚えておきましょう。

集まるだけでは意味がない

刺激をもらってもイベントに人が集まるだけでは意味はありません。自分から参加者に話しかけることを忘れないでください。さらに、事前準備をしてから集まりに参加することも忘れてはなりません。「名刺の準備・話す内容・話す人数」は決めた方が良いでしょう。事前準備をしておけば、参加者と話す際に慌てる確率(度合)を減らせます。イベント終了後も話したい相手がいた場合は、イベント後の懇親会に参加するのもアリです。イベント時間内で話せなかったことを語り合えます。「もっと相手を知りたい」「別のテーマについて話したい」場合は、懇親会に参加することをおすすめします。

印象を悪くしないこと

話を無理にしようとしたりつまらなそうな表情で聞いたりして、悪い印象を与えるのはNGです。まともなことを話しても、印象が悪いだけで聞く耳を持ってもらえない可能性があるからです。会社の代表で参加する以上、あなたの印象が悪くなる行動をとってはいけません。相手にあなたの印象が悪く映った場合「あなたが働いている〇〇社の印象は悪い」と思われる恐れもあります。とくに取引先が参加しているイベントの場合は要注意。取引先からの印象が悪くなって、取引停止する恐れがあるからです。印象良く見える行動を心掛けましょう。

マーケターの集まりはどう選ぶのか

イベントのメリットや注意点が分かっても、参加するマーケターの集まりをどう選べば良いか分からない人もいると思います。それでは、マーケターの集まり・交流会の選び方を見てみましょう。

紹介してもらう

会社の同僚や知人など信頼できる人から紹介されたイベントであれば、質が良い集まりの可能性が高いです。自分で集まり・交流会を見つけるよりも、良い場所を紹介してもらえることもあります。紹介側は「イベントに参加して良かったです」というように、あなたに好印象を持ってもらいたいと思うケースが多いです。そのため、質が悪いイベントを紹介される確率は低いと思って良いでしょう。もし、紹介されたイベントに1人で行くのが不安な場合は、イベントに参加し慣れている人と2人で参加すると良いです。一緒に参加している人の立ち振る舞いなどを見ることができるため、コミュニケーションの取り方の勉強にもなります。

ネットで評判や内容を確認する

イベント参加前にインターネットの評判などを確認するのも1つの手です。当該イベントの参加者が運営しているブログやFacebookなどのSNSなどに、参加者の口コミが載っている場合があります。口コミや評判を確認することで自分にとって有益な集まりか見極めやすくなるためおすすめです。とくに写真が掲載してあれば、場の雰囲気が分かるため集まりを選ぶ時の参考にできるでしょう。

なおイベントの費用を事前に調べるのも大事です。なぜなら費用が高い交流会の場合、質の良い人が集まる可能性があるからです。「桁違いの予算をかけてマーケティングを行っている有名マーケター」「会社経営もしているマーケター」など、滅多にお目に掛れない人と出会えるかもしれません。高い費用を出して参加するということは、マーケティングに対して熱い想いを持っている人が集まりやすいイベントといえます。そのため、参加価値がある集まりの可能性が高いといっても良いでしょう。

まとめ

信頼できる人から紹介してもらった集まりに参加することをおすすめします。質が悪いイベントに参加する確率を抑えられます。もし、紹介してもらえる人がいない場合は、自身でイベントの公式ブログなどを慎重にチェックして、納得できる集まりであれば参加しても良いでしょう。ただし、どんなイベントでも怪しい人物が参加するケースはあります。つながりを持って良い人物か判断することをお忘れなく。

  • 気になる
会員になってみんなのコメントを見よう!
まだ会員でない方はこちら

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

Related Articles関連記事

Intervieweeインタビューイー

Companyこの会社について

Special Contentsキャリアアップにつながる