marketing career

マーケティングとキャリアをつなぐ総合情報メディア

営業の種まき・刈り取りのコツから注意点まで徹底解説!

スキル×マーケ 2019/03/05

営業担当にとって重要なことは、種まき、そして刈り取りのスキルです。この2つを正しく行うことができれば、安定した営業成績を出すことができるでしょう。ただし、種まきの段階からミスをしてしまうと、高い成績を出すことは難しいです。そこで、この記事では営業が行う種まきのコツを具体的にご説明しましょう。刈り取りのコツも合わせて見ていきますので、ぜひ最後までご覧ください。

営業における種まき・刈り取りって何?

営業活動における種まき、刈り取りのそれぞれの意味や特徴をきちんと理解しておかなければ、当然好成績を上げることはできませんね。そこで、ここでは種まきと刈り取りの基本的な意味をご説明しましょう。

営業の種まきとは関係構築のこと!

営業の種まきとは、わかりやすくいうと「人脈を広げる行動」です。多くの人と会うことにより、関係構築を図っていくことが種まきですね。
ただ、もう一つの意味もあります。それは「ご縁があった人と更なる良好な関係を築いていくこと」です。具体的には、定期的に役立つ情報を提供したり、商品に関連するちょっとしたプレゼントをしたりすることなどが挙げられます。このような種まきも、営業成績を上げるにあたって重要な要素になります。

営業の刈り取りとは商品購入の流れに持っていくこと!

種まきが「関係構築」なのに対し、刈り取りとは「商品購入へと導くこと」です。まさに営業成績に直結する重要なステップと言えますね。種まきによって順調に購買意欲を高めることができても、強引な刈り取りをしてしまえば実際の購入には結び付きません。したがって、丁寧な商談・クロージングによって着実に刈り取りをしていくことが重要になりますね。具体的なコツについては後ほどしっかりご紹介しましょう。

営業の種まきのコツとは?

機械的に何となく種まきをしても、次につながるような良好な関係を築いていくことは難しいです。重要なことは、種まきのコツを踏まえて丁寧な対応を心がけることですね。そこで、この章では具体的なコツについて見ていきましょう。

種まきのコツ①多くの人と会うことを意識する

 営業の種まきにおいて重要なポイントの一つは、積極的に人脈を広げることです。つまり、多くの人と接することですね。したがって、セミナーや交流会などに顔を出し、自分のビジネスを多くの人に認知してもらうことが大切になります。もちろん、認知してくれた人すべてが自分のビジネスに興味を持ってくれるとは限りませんが、会う人数を多くすることにより、種まき成功の可能性を高めることができるのです。

種まきのコツ②訪問以外の手段も活用する

「種まき=訪問」と定義づけてしまう人もいますが、種まきの手段はそれだけではありませんし、訪問だけをするというのは効率性に欠けます。したがって、訪問だけでなく、電話やメールなどの手段を活用して積極的な種まきを行うことが重要になります。ただ、訪問や電話については、短期間における回数が多くなると「しつこいなぁ」という印象を持たれてしまう可能性があります。そのため、一定の期間を空けることを意識するようにしましょう。

種まきのコツ③背景づくりをすることが重要

種まきにおいては「訪問した時に一から伝えればいいでしょ」という考え方だと失敗しやすいです。時間的関係で、訪問先においてすべてを伝えきれない可能性があるということですね。そのため、訪問前に電話でヒアリングをしたり、メールで情報提供をしたりということを検討してみましょう。これにより、当日の打ち合わせがスムーズに進む可能性が高いです。

営業の種まきにおける注意点

種まきのコツを理解するだけでなく、注意点を踏まえておくことも重要です。ちょっとしたミスが種まきの失敗につながるため、慎重さを忘れないことが大事ですね。そこで、ここでは3つの注意点についてご説明しましょう。

①訪問前の準備を怠らないようにしよう

実際に訪問・商談となると、さまざまな準備が必要になります。資料を用意しておくことはもちろんのこと、当日伝える内容を頭の中で整理しておかなければなりません。そのため、「打ち合わせの中で伝えるべき重要なポイント」や「資料を提供するタイミング」などを含めて入念にシミュレーションしておくことをおすすめします。このシミュレーションにより、当日焦ってミスが出るリスクを低くできるのです。

②訪問時の言葉の使い方に注意しよう

お客様に対して丁寧な言葉遣いを心がけるというのは営業として当然のことですが、重要なのはそれだけではありません。次回の訪問につなげるためにも、打ち合わせ終了時の言葉選びがとても大切になります。例えば、「また何かありましたらご連絡ください」という言い方だと、いかにも終わりを告げるような形になってしまうため、次回の訪問にはつながりにくいのです。このタイミングでの正解例は、「○○の際にもう一度お伺いさせてください」という形で意思表示をすることです。明確な時期を指定して訪問の意思を伝えることにより、次回のアポイントを取れる可能性が高まります。こうして新たな機会をつくっていくことが目標達成に重要になるわけですね。

③既存顧客のフォローを忘れない!

すでに商品を購入してくれた既存顧客を放っておくというのは、営業担当してはNGにあたる行為ですね。既存顧客に対しても懇切丁寧なフォローを心がけることにより、再度商品を購入してくれるかもしれません。したがって、定期的に連絡をすることが大事です。

営業の刈り取りのコツ

実際に商談し「購入」という段階に持っていくことができなければ、営業成績を上げることはできません。現に、刈り取りに苦戦して伸び悩んでいる営業担当はたくさんいるのです。そのため、この章では刈り取りのコツを簡単にご説明しましょう。

①営業の刈り取りは適切な時期を見極めることが大事

種まきをし始めてすぐに刈り取ろうとするのは、まだ熟れていない果実を収穫しようとするのと同じなため、適切ではありません。まだ十分な説明を受けてもいないのに商品を勧められても、購入するわけがありませんね。そのため、商品に関する十分な説明を終え、相手方の理解が十分に深まり、購買意欲が高まったと判断した段階で刈り取りに移るようにしましょう。懇切丁寧な商談・クロージングによって、刈り取りの成功率を着実に高めていくことが大事です。

②選択するのはお客様であるということを意識しよう

営業として売上数字をあげたいという気持ちが強すぎて商品をゴリ押ししてしまうと、良い結果に結びつく可能性は著しく低くなってしまいます。種まきに十分な時間を費やし、多大な労力を使ったとしても、必ず実績に結びつくとは限りません。実際に商品を購入するかどうか決めるのはあくまでもお客様ですので、この点をきちんと踏まえた上で、謙虚な姿勢を示し続けることが重要になります。結果を出したいという下心が見えてしまうのは良くないということですね。

営業の種まき・刈り取りのまとめ

いかがでしたでしょうか。営業担当にとって、対象商品を購入してもらうということがKPI(目標)になります。その第一ステップとして最も意識したいのが種まきですね。丁寧に種まきを行うことにより、刈り取り成功の可能性を高めることができます。種まきの数と刈り取りの数は比例しますので、訪問やメール、電話等の手段を利用して積極的に種をまいていきましょう。ただし、種まきや刈り取りの仕方を間違えてしまうと、営業成績のダウンにつながります。そのため、注意点をしっかり意識した上で、懇切丁寧な仕事を心がけるようにしましょう。PDCAをまわしながらお客様と強固な信頼関係を築くことができれば、売上達成、しいてはキャリアアップにもつながりますよ。

  • 気になる
会員になってみんなのコメントを見よう!
まだ会員でない方はこちら

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

Related Articles関連記事

Intervieweeインタビューイー

Companyこの会社について

Special Contentsキャリアアップにつながる