marketing career

マーケティングとキャリアをつなぐ総合情報メディア

30歳からが分かれ道!「これからのキャリアについて」20代から考えよう

キャリア×マーケ 2019/02/21

20代で、30代からのキャリアについて悩んでいる人に向けて、キャリアプランの組み立て方を紹介します。人生において、30代が1つの分岐点となってきます。どんなキャリアチェンジやキャリアアップをすればよいのか、30代を迎えてからではなく、20代から自分なりの意見を持っている必要があります。キャリアに対してどのような考え方ができるのか、定年までのキャリアプランがイメージできるように解説していきます。

20代からキャリアを考え始めるのははやい?

キャリアについて考えはじめるのは、一般的に30代からです。20代のうちから考えている人もいますが社会人経験が浅いうちは、まず社会人としての基礎力を身につける期間です。20代は新入社員から中堅社員になって、ビジネスマンの応用力が鍛えられ、社会的な評価がされるようになってきます。ある程度、実績や成果を積み上げてきた30代で、ようやく今後のキャリアについて考える余裕が持てるようになります。

若手社員の間は頭の片隅にあったとしても、何をしたらよいか答えが見つかりにくく、現実的なプランニングに注力することは難しいでしょう。ただ、20代から考えることで同年代から一歩差をつけることが出来ます。30代で考えることを20代のうちに知って考え始めておきましょう。

これまでを振り返る30代

30代になって本格的にキャリアと向き合えるようになります。そのためまず着手をするのは、これまで歩んできた道です。新入社員で入社をしてからこれまでで、どんなスキルや職能を身につけてきたのか。いくつ資格を取得して、獲得した知識や能力を実務に活かせたのか。どのような実績を上げて、上司や会社からはどのように評価されてきたのか。これまでの職務を通して、経験したことを振り返ってみましょう。自分にしかない強みや、周囲から必要とされている能力がわかってきます。

また、設定した目標に対して何が達成できたのか。もし達成できなかったなら、その原因は何であるか、改善をしてきたのか。経験を積み重ねる中で、成長してきたこともまとめる時間も必要です。頭で考えていることを、ノートやスマートフォンのメモ帳に書き出してまとめてみると整理しやすくなります。やりがいや達成感を感じた仕事も、書きあげてみましょう。

これからを考える20代

「今までを振り返る作業」は、これからの将来を考えるために行います。まだ人生の折り返し地点ではありませんが、先述した通り仕事をする上では30代が分岐点になります。20代で培ってきたことを、今後のキャリアにおいて、どう活かせばいいのか真剣に考えていかなければならない時期です。転職にチャレンジするのか、会社内で昇進・昇格などを狙うか。それとも起業・独立をするのか。40代・50代・60代、そして引退までを見据えたプランニングが求められます。キャリアプランがなければ、具体的な行動に移せません。例えば、管理職やマネージャー、経営層を目指したい人と、技術者として専門的な職務を全うしたい人では、進むべき方向性が異なります。このようなことを考えはじめるタイミングが30歳です。どのような方向に進むにしても、舵を切りやすいといえる、いわゆる適齢期です。

キャリアプランの組み立て方



キャリアプランを組み立てるには、どんな方法があるのでしょうか。何から手を着ければいいのか、何をしておけば大丈夫なのか不安を抱えている方も少なくありません。これからの将来に対して安心が出来るように、キャリアの組み立て方について説明をしていきます。

どこからはじめればいい?

キャリアプランを組み立てるために、棚卸しと呼ばれる作業からはじめます。先述した「これまでを振り返る30代」で取り上げたように、今までの職務を可視化することです。棚卸しをするコツは、具体的に書くこと。そして人目に触れることはないので、自分が見やすいように作成します。まとめ方は自由ですが、年表にするとわかりやすくなります。棚卸しで明確にしたいポイントが3つあります。「得意なこと」「好きなこと」「やりがいを感じること」です。これらを通してキャリアの方向性が見えてきます。

「得意なこと」・・・これから強みを活かせる分野
「好きなこと」・・・今後やりたい仕事、成し遂げたい目標
「やりがいを感じること」・・・人生を通した仕事の目的

思いつく限りのことを書き出してみましょう。今まで漠然としていた自分のキャリアに輪郭がはっきりとしてきます。大きな夢を叶えて社会貢献ができる仕事に就けばいいのか、家族との時間を優先して最低限の生活費を得られる会社に行けばいいのか、自分に最適な選択肢がわかってきます。もしキャリアプランにおいて転職が必要であれば、キャリアアドバイザーや人材コンサルタントに相談をしてみるのも1つの方法です。転職・キャリアに関するプロの専門家から、的確なアドバイスがもらえるでしょう。

何を整えれば大丈夫?

またキャリアプランを組み立てるために、自分の身の回りで整えておくべきこともあります。それは苦手意識があることや、働きづらさを感じることに対してです。場合によっては、今の職場に不満があるかもしれません。キャリアの棚卸しをしたように、ノートに書きだしてみましょう。とくに人間関係や待遇など雇用条件、評価体制に対して、社員からストレスが集まりやすくなります。とくに自分が負荷を感じやすいことは、今のうちに解決策をとっておいた方が無難です。

もし部署異動や転職をしても、同じことが気になってしまいます。しかし職場環境に要因があるケースは、自分で対処できません。キャリアプランを実行する際に、問題になりそうな環境は避けて、苦境を味わうような環境に身を置かないことです。長期的に継続してキャリアを積み重ねられる環境づくりを整えていけば問題ありません。やりたい仕事を自分で選べるように、働きやすい状況も自分で作っていけるのです。

30代からのキャリアプランを20代から考えよう

キャリアプランを組み立てる方法について、その始め方を説明しましたが、30代からようやく自分らしい仕事ができるようになります。描いたキャリアプランを実現するタイミングだということです。20代のうちは、下積みのような経験をすることがほとんどです。それは決して無駄なことではなく、むしろ怠ってしまえば30代のうちに飛躍は望めません。基礎力がないので応用が効かなくなります。

仕事で輝く30代

30代になれば、役職が付きやすくなります。また昇給する金額も上がります。プレイヤーとして活躍しながらも、部下の育成をしてチームやグループ、組織をまとめる立場にもなります。20代では体験できなかった仕事を任せられるのです。また転職をする際も即戦力として評価されて、高待遇や好条件で迎えられる可能性が上がります。自分の実力を発揮できるチャンスが増えて、目に見える形で成果に反映されるでしょう。まさに仕事で輝けるのは30代といっても過言ではありません。だからこそ自分のキャリアに全身全霊に積み上げて行くべきなのです。

定年まで輝くことのできるキャリアプラン

しかし輝ける30代も、長いようでいて20代の頃のように一瞬にして過ぎ去っていきます。同時に、40代から定年までのキャリアプランも、考えておかなければなりません。一時的にではなく、20年、30年と永く輝くことを考えていきましょう。場合によっては、途中でキャリアプランを修正しても構わないのです。先延ばしにせず、今の時点で組み立てておくことと、何よりも自分をワクワクさせられることが重要です。キャリアプランを真面目に考えることはもちろん大切ですが、仕事を通して自分の生き方を楽しむことを忘れずにいたいものです。

まとめ

20代のうちからキャリアプランを考えておくために、キャリアプランの組み立て方を紹介してきました。キャリアは、30代が分かれ道です。定年まで輝きながら楽しく仕事をするためにも、紹介した方法を手がかりにして、キャリアプランを組み立ててみてください。今までの棚卸しをして、今後のキャリアを考えながら環境を整えることで、将来に対する不安は払拭されることでしょう。

  • 気になる
会員になってみんなのコメントを見よう!
まだ会員でない方はこちら

Related Articles関連記事

この記事を読んだ人は他にもこんな記事を読んでいます

Intervieweeインタビューイー

Companyこの会社について

Special Contentsキャリアアップにつながる