marketing career

マーケティングとキャリアをつなぐ総合情報メディア

思い立ったが吉日!キャリアチェンジで人生を豊かにする方法

キャリア×マーケ 2019/02/18

キャリアチェンジで、人生を豊かにする可能性について考えたことはありますか?異動や転職、起業など新たなキャリアをつくることが、正に人生を豊かにする可能性にあたります。しかし、これまで経験してきた仕事から、新しいことへシフトすることは不安を伴うものです。どうすれば未知の領域にチャレンジをしながら、人生をより豊かにすることが可能なのでしょうか。不安が少しでも軽減されるよう、キャリアチェンジに対する理解を深めていきます。

キャリアチェンジとは?

キャリアチェンジという言葉は一般的に使われていますが、どんな意味があるのでしょうか。定義を紹介しながら、キャリアチェンジをする際に生じる不安についても解説していきます。

「キャリアチェンジ」の定義

キャリアチェンジとは、これまで経験・習得してきた職務内容から、経験のない別の職務内容へと変わったり移ったりすることをいいます。職務内容や環境も異なるために、これまで自分自身が経験・習得してきた技術が次に活かされない可能性も視野に入れる必要があります。「経験の無い職務内容」というのは、これまで就いたことのない業界や職種に挑戦するときに「キャリアチャレンジ」という言葉が当てはまります。

業界であれば自動車業界から飲食業界の企業への転職。職種であれば営業から人事担当への転職が、一例としてあげられます。場合によっては、業界も職種も未経験という状況もあるでしょう。IT業界のエンジニアから、メーカーの財務担当に転職するようなケースです。キャリアチェンジと同じくキャリアアップもよく耳にする言葉です。その違いを知ればより理解が深まります。

キャリアアップをする目的は、市場価値のより高い人材を目指すことです。転職だけではなく、昇格も該当します。報酬や待遇、役職など、さまざまな雇用条件を向上させるのが、キャリアアップをする狙いです。一方で、キャリアチェンジは未経験の職務に就いて、新たなキャリアを積むことを目的とします。雇用条件が変動したり、場合によっては収入が減少したりすることもあります。

キャリアチェンジの何が不安?

キャリアチェンジはただ、業務が変わるだけではありません。勤務場所から時間、人間関係、雇用条件など、あらゆる面において前職との違いが生まれます。このため不安を抱く人も少なくありません。
今まで働いたことのない職場環境で、果たして仕事ができるだろうか、同僚や部下と人間関係を築けるだろうかと、さまざまなことが不安の要因となります。

また給与や報酬が減額した場合、仕事だけではなく生活にも影響を及ぼします。とくに結婚をして家庭を持つ人であればなおさらのことです。新しい環境に慣れることは大変ですが、新しい職務に対する不安も生まれやすいのもこのときです。経験のない仕事が本当にできるようになるか、人並みの能力が身につくまでは、なかなか落ち着きません。

キャリアチェンジのメリットとデメリット



さまざまな不安が生じる中で、キャリアチェンジをするメリットはあるのでしょうか?向上力がある人にとっては、心配事とは裏腹に、新しい仕事に挑戦できるという期待感が生まれます。しかしゼロから始めることでのデメリットもあるので、メリット・デメリットを合わせて考えてみましょう。

キャリアチェンジのメリット

キャリアチェンジを行うメリットは、「興味のある職種や業界に就けること」「憧れていた企業で働けること」があげられます。以前からしてみたかった仕事や、働いている中で関心が強くなった仕事に挑戦することが可能です。前職において不満があった場合は、とくに期待に心が躍ります。また、新卒でリクルート活動をしていた頃や、社会人経験が浅い頃には人材募集をしていなかった会社や、競争率が高くて就職できなかった会社に、キャリアを積んでいく過程で転職するチャンスが巡ってきます。未経験の業界や職種であっても、今までの経験やスキル、知識、人間関係を活用できることもあります。これもキャリアチェンジをするメリットのひとつでしょう。

キャリアチェンジのデメリット

一方で、キャリアチェンジを行うデメリットは、即戦力として活躍できない点です。やりたい仕事が、決してできる仕事とは限りません。やる気はあるのに、なかなか結果が追いついてこない。場合によっては、前職の経験が活かされないことも多々あります。先述したとおり、仕事を習得するまでに時間がかかりその間は、収入が下がる可能性もあるため、期待していたことと現実とのギャップに悩まされることになるかもしれません。振り出しに戻るわけではありませんが、ここではあくまでもキャリアアップではなくキャリアチェンジです。新入社員と同じような立場で、実績を積み上げていく必要があります。人によっては、このような経験も新鮮で楽しみに映るかもしれません。しかしネガティブな印象を抱く人にとっては、デメリットとなります。

人生を豊かにするキャリアチェンジ

ここまで、キャリアチェンジにおけるメリットとデメリットを見てきましたが、もし実際にキャリアチェンジを行うのであれば、そのメリットを最大化すべきです。さらに人生を豊かにする転職を実現していくべきでしょう。どうすれば理想的なキャリアチェンジが叶うのでしょうか。もっとも重要なのがタイミングを見極めることです。そして最後には大切にしたいポイントもまとめて紹介します。

キャリアチェンジを考えるタイミング

キャリアチェンジは、どのタイミングで行うのが最適なのでしょうか。「思ったが吉日」という言葉があるように、転職をしたい気持ちに気づいた時がベストなタイミングといえるでしょう。しかし、すぐに転職をすることはおすすめしません。まずは準備が必要です。興味がある業界や業種、働いてみたい企業のことを調べるところからスタートさせましょう。

とくに、採用条件が詳しく書かれているかは求人票を確認しましょう。求人票には、雇用条件や、求められるスキル、経験などが掲載されています。また、「本当に転職したいと思える業界か」「惜しみなく努力ができる職種か」「自分に合った会社がどうか」企業のホームページや求人サイトを見ながら自問自答をしてみます。会社によっては、未経験で転職をする理由や動機について質問されるので、採用担当者が納得できる回答を考えなければなりません。

やり方がわからない場合は人材紹介会社のキャリアアドバイザーに相談してみるのも1つの方法です。またキャリアチェンジがしやすいのは20代です。新卒採用の年齢に近いので、未経験であっても、経験が問われずポテンシャル採用されるケースが多々あります。しかし、30代以降は、今までの実績や成果が評価されます。同時に、即戦力として期待されるため、未経験での採用が厳しくなるのは仕方ありません。それでもキャリアチェンジをしたい場合は、今までのキャリアを新しい職場で活かすアイデアや、どうしてもキャリアチェンジをしたい志望動機を考えておきましょう。

キャリアチェンジで自分の人生を豊かにする

どのタイミングでキャリアチェンジを行うにしても、今後の人生を豊かにする選択をすることが肝心です。そのためにメリットとデメリットをよく比較して検討してください。メリットが勝ると思えない場合は、まだキャリアチェンジをすべきではありません。確信を持ってキャリアチェンジができれば、未経験であっても憧れていた仕事に就いて、楽しい社会人生活が送れるようになります。一度きりの人生を豊かにして、理想のキャリアプランに合った転職を成功させましょう。

まとめ

キャリアチェンジで、人生を豊かにする可能性について探ってきました。あわせて、理解を深めるとともに、生じやすい不安についても言及しました。キャリアチェンジをするメリットとデメリットを徹底的に比較して、タイミングを見極めた上で転職をすることが大切です。より良い人生を送るために、最適なキャリアチェンジを実現してください。

  • 気になる
会員になってみんなのコメントを見よう!
まだ会員でない方はこちら

Related Articles関連記事

この記事を読んだ人は他にもこんな記事を読んでいます

Intervieweeインタビューイー

Companyこの会社について

Special Contentsキャリアアップにつながる