marketing career

マーケティングとキャリアをつなぐ総合情報メディア

キャリアには「スキル」が必要!その納得の理由とは?

キャリア×マーケ 2019/02/13

「キャリア」にも生かせる「スキル」について紹介をします。将来を見据えて「キャリア」や「スキル」を積んでいきたいと思われている人、また、「両者に違いはあるのか」「あるならどういう違いがあるのか」を理解したい人に特に知っていただきたいことをお伝えします。

どちらが今の自分にふさわしいのかを見極めると、具体的に行動に移せるようになります。今後のスキルアップやキャリアチェンジは人生を大きく左右することになるので、慎重に学んでいきましょう。

「キャリア」と「スキル」の違いはなに?

言葉の意味が混同されがちな「キャリア」と「スキル」ですが、実は両者の意味は違います。日ごろ、言葉の意味をあらためて聞ける機会が少なく、本当のところ意味や使い方を知らない人も多くいます。

日本語で訳すと、「キャリア」と「スキル」の違いはひも解くことができます。一言でいうならば、「キャリア」とは「積み重ねてきた実績や経歴、職歴」のことです

そして、「スキル」を直訳すると、「能力や技能」という意味になります。以下で、より詳しく見ていきましょう。

「スキル」とはなに?

「スキル」とは、仕事を効率的に、そして高い完成度で行うために求められる能力であるといえるでしょう。日常的な業務の中で獲得していく技能もあれば、資格を取得することで発揮される技能もあります。

交渉力や傾聴力、コミュニケーション力、企画力といったビジネスマンに求められる「スキル」もあり、看護師や公認会計士、一級建築士といった特定の職業に役立つ「スキル」も存在します。

中には、生まれ持った才能として特殊な技能を有する人もいます。芸術家やアーティスト、職人によく見受けられるケースです。

「キャリア」と「スキル」の違いは?

キャリアとは、これまでの仕事や職業を通して積み上げた実績や経歴、職歴のことを意味します。「キャリアウーマン」や「キャリアアップ」という言葉があります。

企業において昇格や昇給したり、より好待遇・好条件の転職・起業に成功したりすることが、「キャリア」においては重要なポイントです。また、各個人が市場における人材としての価値がいかに高いかが人生の方向性までも左右します。

このような意味から考えると、「スキル」は「キャリア」の中で磨かれていくもの。そして熟練度を上げていくことで、組織や社会の中から「キャリア」が評価されるようになっていくといえるのではないでしょうか。

「キャリア」と「スキル」は、それぞれに違う意味ではありますが、相関関係にあることがわかります。

スキルアップが必要なわけ



「スキル」のレベルを高くすることは、一般的にスキルアップと呼ばれています。これからの「キャリア」において、スキルアップは重要な役割を果たします。
長期的に仕事をしていくと、必然的にスキルアップが行われていくことになります。しかし、やみくもに同じ仕事をこなせばいいわけではなく、それによって市場価値が高くなるわけでもありません。

本当に身につけるべき「スキル」であるかどうかを見極めた上で、腕前を磨いていく必要があります

なぜスキルアップが必要なのか?

歩むべき道を進むためには、まずスキルアップについて理解をしておくことが重要になります。人生において、なぜスキルアップが必要なのでしょうか?

スキルアップができたからといって、必ずしもキャリアアップに直結するわけではありません。しかし、「キャリアアップ」をするための「スキルアップ」は多大な効力を有します

昇進や昇給、転職において、ひとつの有益な手段になるということです。

とくに、キャリアプランを描いている人にとっては、上げるべき「スキル」さえ明確になればあとは他の誰よりも技能を磨いていくのみ。しかし、目指したいゴールがない場合は、仕事や職務に上手く「スキル」を活用することができません。

また、スキルアップをすれば、人気の高い企業への転職や好条件での雇用契約に成功しやすくなります。さらに企業が社員のリストラや解雇を計画する際も、希少性の高い「スキル」を持っているほど、対象にはなりにくくなるでしょう。

スキルアップすることで、会社や組織、周りから必要とされる人材となり、成功への近道となるわけです。

スキルアップして得られるものは?

スキルアップは、キャリアアップだけではなく自己成長にもつながります。ひとつの技術を極める場合でも、多岐にわたる分野の技量を身につけるにしても、どうすれば上達するのか、より効率的に腕を磨くことができるのかを考えます。

スキルアップをする過程で、工夫する力や考え抜く力も育っていくのです。他の人には真似のできない「スキル」も確立していけるかもしれません。
これからの社会は、人工知能や機械など、最新技術の発展によってコンピューターでもできる仕事が増え、人ができる仕事は減っていきます。
実際に、自動運転やドローンがすでに世界中で活躍し始めているのです。スキルアップをしておくことで、さまざまな時代の変化に対応できるようになっていくことが期待できます

今積むべきは「キャリア」か「スキル」か?

ここまで「キャリア」と「スキル」の違いを明らかにしながら、スキルアップについても詳しく解説をしてきました。では今、自分自身が積むべきは「キャリア」でしょうか。それとも「スキル」でしょうか。
理想なら、どちらも同時並行で積んでいくことかもしれません。もし実現可能な環境であれば、実行してみることもひとつの方法です。しかし、ひとりで考えているだけでは迷ってしまうこともあるため、どのようにして積むべきものを見極めればいいのかを解説していきたいと思います。

自分が積むべきものの見極め方

もっとも重要なことは、人生における目標、そして計画です。計画通りすべてを順調に進めることは困難ですが、目指すべき道がなければ立ち往生してしまいます。
ゴールから見た現在の立ち位置がわかれば、次にやるべきアクションが明確になってきます。今まで日々の業務や資格取得などを通して「スキル」を磨いてきた場合、狙うべきはキャリアアップです。

しかし「キャリア」が変わったばかりのタイミングであれば、「スキル」を積んでいくことが求められます
現時点で特定の「スキル」がない場合、または経験が浅い場合は、まず「スキル」から積んでいった方がよいでしょう。キャリアアップは時期尚早ですし、成功する確率も下がります。
今の職場や業務、役職において、十分な、もしくはそれ以上の「スキル」を有した場合、キャリアアップをするタイミングだといえるでしょう。

「スキル」は一生物

自分が積むべきものがどちらであっても「スキル」は一生物です。日本では昔から「芸は身を助く」といわれてきました。また「職人は、食いっぱぐれがない」という発想が根付いています。「スキル」を有する人材が評価されて重宝されている社会ということです

「スキル」を積み上げることは、仕事だけではなく人生において役立ちます。一生を通して活用できるものなので、長期的な視点で習得をしていきましょう。

まとめ

「キャリア」にも生かせる「スキル」をテーマにして説明をしてきました。
本文を参考にしながら、今の自分にとって必要なのはスキルアップか、それともキャリアアップかを考えてみてください。これからの人生において「スキル」は必要であるため、大いに役立ちます。
日常的な業務の中でも、研修やセミナーなどを受講して、「スキル」を積極的に積んでみてはいかがでしょうか。

  • 気になる
会員になってみんなのコメントを見よう!
まだ会員でない方はこちら

Related Articles関連記事

この記事を読んだ人は他にもこんな記事を読んでいます

Intervieweeインタビューイー

Companyこの会社について

Special Contentsキャリアアップにつながる