marketing career

マーケティングとキャリアをつなぐ総合情報メディア

コラム作成によるコンテンツマーケティング。BtoB向けのコンテンツSEOで成果を上げる方法とは?

突撃!となりのマーケター 2018/10/16

今回は、ネットマーケティング領域でさまざまなサービスを提供する株式会社フルスピードの米村さんへインタビューを行いました。米村さんが所属するエンゲージメントマーケティング事業部では、コンテンツを中心にしたSEOソリューションやSNSソリューションを提供しているそう。米村さんに、BtoB領域におけるコンテンツSEOの特徴などについてお聞きしました。

現状のマーケティング活動概要と課題




■現在のマーケティング課題
――インバウンドで獲得できるマーケティングの仕組み化
――事業部メンバーの育成

コンテンツSEOに注力。

――エンゲージメントマーケティング事業部の業務内容について教えてください。

米村さん(以下、敬称略)
当事業部ではSNSの運用コンサルティングやプロモーション、SEOコンサルティングやUI/UXコンサルティング、中華圏向けインバウンドプロモーションなどの幅広い領域を扱っております。その中でもBtoB領域の企業様に人気のあるのがコンテンツSEOです。コンテンツ業界は競合がとても多いですが、さまざまなお客さまへの対応実績をご評価いただき、おかげさまで事業は拡大基調で推移しています。コンテンツは価格勝負になったり成果がわかりにくいものもある中で、私たちが手がけているコラム型のSEOは大きな効果を上げています。

――メディアやメルマガを始めても、肝心のコンテンツが作れない・・・という話をよく聞きます。
御社のコンテンツSEOの具体的な内容について教えていただけますか?


米村
半年間で20~30本のコラムを入れることで、リードの流入を増やす手法を取っています。
例えば、介護ソフトを販売したい会社が「介護ソフト」という言葉でピンポイントで順位をアップすることはとても難しいですよね。そのため「介護ビジネスの始め方」といったコラムを制作しアップすることによって、リードの流入を促しています。

――サービス提供においてコンテンツの質が重要になってくると思いますが、どのように質の担保をしているのですか?

米村
まず、引き合いがあるとディレクターが企業様にヒアリングを行い、流入に適したワードを抽出します。そしてそのワードを基にタイトルとコラムの構成案を作成し、編集者に共有します。
その後編集者が、当社と長くお付き合いのある外部ライターにコラムの執筆を依頼し、原稿チェックをしたのちに企業様に納品をします。近年はクラウドワーカーなど、さまざまな競合が出てきていますが、品質を重視しているので安易に利用することはしていません。だからこそ、当社の提案に価値を感じていただけていると思っています。当初はBtoC案件が多かったものの、最近はBtoB案件も増えてきました。

――BtoBのコンテンツSEOは、BtoCと比較して、どのような特徴がありますか?

続きはこちらから
まだ会員でない方はこちら
  • 気になる

Related Articles関連記事

この記事を読んだ人は他にもこんな記事を読んでいます

Intervieweeインタビューイー

株式会社フルスピード エンゲージメントマーケティング事業部 事業部長 米村 一精氏

Companyこの会社について

株式会社フルスピード
私たちは、インターネットという言語や場所、あらゆる価値観の境界線がない社会において、人と人、人とサービス、サービスとサービスをつなげるハブとなることで、その“つながり"を世界へ広げ、関わる人たちの満たされた笑顔を広げる存在でありつづけます。

Special Contentsキャリアアップにつながる