marketing career

マーケティングとキャリアをつなぐ総合情報メディア

営業とマーケティングを一体化。お互いの仕事に「ありがとう」が言える組織に変革

突撃!となりのマーケター 2018/10/16

今回は、ビッグデータ活用サービスやデジタルマーケティングサービスを手がける株式会社ブレインパッドの近藤さんへインタビューを行いました。「BtoBマーケティング」という言葉すらなかった若手時代、自分がトップセールスになったからこそ考えた「営業がもっと売れる仕組み」。これまでの職務経験から学んだことやマーケティングに対する想いなどを語っていただきました。

現状のマーケティング活動概要と課題




■現在のマーケティング課題
――リード獲得(受注)が終わりではない「Rtoasterファン」作りのプロセス化
――営業以上に営業現場を知る意識“マーケチームの営業マインド”の醸成

国内シェアNo.1の「プライベートDMP」を提供

――御社の事業内容を教えてください。

近藤さん(以下、敬称略)
当社は業界髄一の「データサイエンティスト」を有し、様々な業種・領域のお客様のデータ活用をサービスとして提供しているほか、デジタルマーケティングサービスとして「Rtoaster(アールトースター)」というプライベートDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)を提供しています。12年前に自社で開発し、今ではDMP市場の国内シェアナンバーワンである「Rtoaster」は、レコメンドエンジンを搭載したオリジナルのDMPで、さまざまなデータを蓄積したうえで多彩なマーケティング活動を支援する製品です。
主にはBtoC向けにご利用頂くケースが多いです。代表的なお客様ですと、JAL様やJTB様、ファンケル様やTSUTAYA様等、業界を牽引する著名な企業にご利用頂いているサービスです。

その中での当製品の強みは、データを用いた「あらゆるパーソナライズ“アクション“」が可能なこと。デバイスが多様化し、個々人の趣味や嗜好も多様化する中、画一的なレコメンデーションではない「一人ひとりの状況・ニーズ・タイミングにあったメッセージ」を出せることが最も大きなメリットです。それを実現できているのは、すべて自社開発でノウハウを凝縮し、「マーケターに使いやすい製品」を目指したプロダクト提供姿勢なのかなと自負しています。

――一人一人に適したメッセージを出す半面、Rtoasterを検討される「マーケターごと」にもニーズが異なりそうですね。別企業はもちろんのこと、大企業でも同じことが言えますよね。

近藤
その通りです。業務システムや中小企業向けなどの「汎用ツール」であればともかく、「ソリューション型」のサービスなので顧客のニーズはまちまちです。特に、お客様は大手企業が中心となります。やはり大企業向けの営業はとても難しいですね。担当窓口の人と話をしたから「その企業全体が抱えてるニーズ」がわかるとは、必ずしも言えないからです。顕在化しているニーズは他部門から見ると違った角度で捉えてたり、決裁権が別部門であることもよくあるため、私たちの営業プロセスを画一的に処理するのは非常に難しいですね。

――お客さまからは、どのような点が評価されているのでしょうか?

続きはこちらから
まだ会員でない方はこちら
  • 気になる

Related Articles関連記事

この記事を読んだ人は他にもこんな記事を読んでいます

Intervieweeインタビューイー

株式会社ブレインパッド マーケティングプラットフォーム本部 副本部長 近藤 嘉恒氏

Companyこの会社について

株式会社ブレインパッド
ブレインパッドは、2004年の創業以来、データによるビジネス創造と経営改善に向き合ってきたデータ活用のリーディングカンパニーです。

Special Contentsキャリアアップにつながる